To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS ここ2、3日のこと

<<   作成日時 : 2004/05/25 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・カンヌ映画祭
14才の少年が男優賞を受賞して話題になってるけど、彼の名をタラが「ユウヤ・ヤギラ」ではなく「ヤギラ・ユウヤ」と読み上げたのが良かったね。タラは日本人の友達が多いから「姓・名」の順であることを知ってたんだろうね。だいたい日本人は海外だとなんで「名・姓」で表記されるんだろう。西洋でも日本と同じで「姓・名」の国があるし、チョウ・ユンファやホウ・シャオシェンは海外でもそのままなのに。日本映画でクレジットをローマ字で「名・姓」の順で表記してるのを見ると、バカじゃないのと思う。ところで「ヤギラ」という名字は怪獣みたいでカッコイイ。「三文字」「濁音入り」「『ラ』で終わる」というのは怪獣の名前の原則なんですね。ちなみに『ウルトラQ』に出てきたナギラは、なぎら健一からとったらしい。

・清水大敬
ルス電に「清水です。連絡ください」というメッセージが。この人のメッセージはいつもこれだけ。挨拶もないし、頭に「えー」とか「あ」もない。せいぜい清水の前に「監督の」が付くぐらい。
今回の用件は時期的に考えて『ドリーム学園』でまず間違いないはずと思い電話をすると、予想に反してある役者の連絡先を知らないかというものだった。しかし、その役者というのがどう考えても私と関連があるとは思えない人。なんでウチに電話してくるのか。相変わらずワケわかんない。
で、普段だと「その人の連絡先は知りません」「そうか」ガシャン、って感じであっけなく終わるのだが珍しく長電話(と言っても20分ほど)になる。ヒマなのか?清水大敬。
話の中身は最近観た映画のこととかAV、ピンク映画界のことなどたわいもないものだったのだが、近況としてチョイ役ながら久々にサトウトシキ組に出演して、そこでさらに久々に下元史朗(清水監督とは30数年前に劇団NLTの同期だった)と一緒だったという話を聞いた。これはかなり楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここ2、3日のこと To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる