To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レディ・キラーズ』

<<   作成日時 : 2004/06/08 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

これまで一日15人前後だった来訪者が、昨日今日だけで150人以上。何なのこれ。
やっぱ一人の人間が100回以上来てるのかなあ。別に実害があるわけじゃないけどちょっと不安。
本題。
オリジナルである『マダムと泥棒』を観ていないので断言はできないけど、コレわざわざリメイクするほどのストーリーじゃないのでは?少なくとも現金強奪の手口が、ただひたすらトンネルを掘るだけで、同じことをやる『死に花』以上に工夫がなさすぎ。これじゃ今日びの映画としては通用しないでしょ。せめて時代設定をオリジナルが作られた頃にするぐらいのことはしなくちゃ。
こういう古臭さもコーエン兄弟ならではのトリッキーな演出が全開ならば気にならないところなのだが、これが前作『ディボーズ・ショウ』に続いてまるで冴えない。印象に残る彼ららしさといえば、ゴミ運搬船が出てくるところぐらい。
やかましいだけであまり役に立たない黒人のキャラクターなんぞは、今までコメディやアクション(のコメディ・リリーフ)でさんざん見てきたタイプで、なんのひねりもなくこういう人物を登場させるなんて今までのコーエン兄弟からは考えられない。
主役のトム・ハンクスも頑張って役作りしてるのはわかるのだが、周囲の目をごまかすためにわざとやってるように見えてしまうのが残念。この役はやはりイギリス人に演じて欲しかった。意表を突いてダニエル・デイ・ルイスなんかに演らせれば面白かったかも。
☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画見ました「レディ・キラーズ」
昨日5月11日、ハナキンだったので仕事途中でさぼって映画を見に行きました。トム・ハンクス主演のコメディ「レディ・キラーズ」。渋谷ピカデリー。 ...続きを見る
ぼくんち杉並区@WebryBlog
2004/06/12 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レディ・キラーズ』 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる