To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 力道山映画

<<   作成日時 : 2004/06/12 05:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

前にも書いた力道山の伝記映画だけど、今週の「週プロ」に武藤敬司が出演するとの情報があった。当然プロレスラー役なんだろうけど、実在の人物を演じるのかどうかが非常に気になるところだ。
ただ韓国映画なので力道山以外のプロレスラーに関してはあちらでは知られていないだろうから実名で登場する可能性は低いのかな、やっぱ(力道山に空手チョップを教えたといわれる大山倍達あたりは在日韓国人なので実名で出そうな気もするが)。まあその辺は仕方ないけど、リング上の戦いだけは当時のものをしっかり再現してもらいたい。日本人のトップレスラー同士が戦ったり、タイトルマッチが一本勝負だったりといった今では当たり前になってることを、うっかりやっちゃいそうで心配なんだよなあ。
心配といえば力道山を演じるソル・ギョング。『シルミド』のPRで来日したときの姿は役作りでレスラーらしい身体つきにはなっていたが、肝心の顔が力道山じゃなくて村浜武洋。大丈夫か?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『力道山』
『ALWAYS 三丁目の夕日』で、ひとつ残念なシーンが。 大勢の人たちが白黒テレビで、プロレスを観戦するシーン。 老若男女を問わず、皆が空手チョップの身振りを。あたかも、自分たちの空手チョップが力道山のそれとシンクロし、白人レスラーの胸板に叩きこまれると、信じ.... ...続きを見る
ストーリーの潤い(うるおい)
2006/03/21 15:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
力道山映画 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる