To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 『キューティーハニー』

<<   作成日時 : 2004/06/16 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

始まって5分もしないうちに、とてつもないさむさを感じたのだが、2,30分も経った頃にはすっかり慣れて結構単純に楽しめた。ハニーと女刑事や謎の男とのやりとりは、役者の力量不足のせいもあって見ているこちらが赤面するような陳腐さなのだが、90分ほどの上映時間の中で敵の四天王全員との戦いはきっちり見せ、人間ドラマや細部の説明はできるだけ省いたことでかなりテンポ良く仕上がっている。
ただし、楽しみつつも最後まであまり好意的に観ることはできなかった。
作り手にお金や技術やセンスの無さを克服しようとする気がなく、最初っからシャレやおふざけで済まそうとしているようにしか見えないのだ。そういうのってタチの悪い開き直りみたいで決して気持ちのいいものじゃない。
なんか仲間うちだけで盛り上がってる大作自主映画を見せられた気分。
☆☆★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなあなたにOVA「Reキューティーハニー」
ごあごあ
2004/09/30 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
『キューティーハニー』 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる