To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2004年ベスト&ワースト(日本映画)

<<   作成日時 : 2005/01/15 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ベスト20
1.クイール(崔洋一)
2.下妻物語(中島哲也)
3.誰も知らない(是枝裕和)
4.隠し剣 鬼の爪(山田洋次)
5.NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE(鈴木雅之)
6.69 sixtynine(李相日)
7.恋の門(松尾スズキ)
8.この世の外へ クラブ進駐軍(阪本順治)
9.血と骨(崔洋一)
10.あゝ!一軒家プロレス(久保直樹)
11.ドラッグストア・ガール(本木克英)
12.ゴジラ FINAL WARS(北村龍平)
13.でらしね(中原俊)
14.漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)(山口雄大)
15.愛染恭子VS菊池えり ダブルGスポット(愛染恭子)
16.後家・後妻 生しゃぶ名器めぐり(森山茂雄)
17.笑の大学(星護)
18.ヴィタール(塚本晋也)
19.ラブドガン(渡辺謙作)
20.CASSHERN(紀里谷和明)


ワースト15
1.赤い月(降旗康男)
2.イノセンス(押井守)
3.透光の樹(根岸吉太郎)
4.爛れた家 「蔵六の奇病」より(熊切和嘉)
5.解夏(磯村一路)
6.デビルマン(那須博之)
7.スチームボーイ(大友克洋)
8.ミラーを拭く男(梶田征則)
9.半落ち(佐々部清)
10.ハウルの動く城(宮崎駿)
11.死に花(犬童一心)
12.eiko(加門幾生)
13.インストール(片岡K)
14.ゼブラーマン(三池崇史)
15.海猫(森田芳光)

2004年公開日本映画鑑賞本数:113本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2004年邦画部門
「2004年ひらりんアカデミー賞・・・邦画部門」のノミネート。 2004年は新旧含めて263本見ましたが、なるべく新しめな日本作品を紹介します。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2005/01/18 11:22
映画監督の崔洋一さんが登場!【1/5】7'16''
映画監督の崔洋一さんがポートサイドステーションに登場! 山形国際ドキュメンタリー映画祭のインターナショナル・コンペティションで審査委員長を務めた崔洋一さんにお話を聞くことができました。 ...続きを見る
山形国際ドキュメンタリー映画祭 応援番組
2005/10/31 13:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2004年ベスト&ワースト(日本映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる