To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS Road to 浅草(7) 六区映画街1

<<   作成日時 : 2006/01/04 22:02   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

六区映画街、現在の名称は六区ブロードウェイだそうだけど、これっていつから?この名称って浸透してる?
現在ここに残っている映画館は6館。少なくはないけど、「映画街」を名乗るのはもう無理か。私が浅草の劇場に頻繁に通うようになった昭和末期にはたしか10館だった。年明け早々には浅草東宝が閉館するから、20年ほどで半数になってしまうわけだ。
最盛期(昭和30年代?)には30館以上あったと聞く。わずか300メートルほどの通りにそれだけの数があったら、そこら中映画の看板、ポスターだらけでさぞかし壮観だったろうな。

これから3回ぐらいに分けて、カメラに収めた六区の映画館5館について語ろうかと。
なぜ6館ではなく5館かというと、浅草シネマは劇場前にホームレス風の男性が座り込んでいて、カメラを向けることができなかったから。
その浅草シネマと同じ建物、六区のメインストリートの突き当たりとなるT字路の角にあるのが浅草世界館。
画像

上映しているのは成人映画3本立てで、隣の浅草シネマはロマンポルノをときたま上映しているが、こちらはピンク映画のみ。
実はここへは3、4回しか入ったことがない。
しかも、新劇場や名画座でもあれだけスゴいんだから(あらゆる意味で)、ここはもっと壮絶なことになっているんじゃないかと思って、いつも朝イチで入場して目的の映画をみたらさっさと出ることにしているので、場内を観察することもなくほとんど印象に残っていない。
当然ハッテンバ(らしい)。

次いでここ。
画像

当ブログで度々登場している浅草東宝。
ここに関しては、閉館後にいろいろ書きたいので今回は写真だけ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
遅まきながら、あけましておめでとうございます。

昨日、浅草シネマに夕方行きましたよ。
ココと世界館はハッテン場…というよりも、競馬新聞読んでるジイちゃんが多いですネ(^_^;)。
林与志侍
2006/01/06 12:04
ども、おめでとう。
昨日は平日だけどレースあったんだよね。
映画見る金があるなら、それを競馬につぎ込んだ方がいいと思うけど。
浅草シネマもレース結果がロビーに張り出されるんだっけ?
キルゴア二等兵
2006/01/07 00:46
>浅草シネマ
ココには年に数回、上野オークラで見逃したのを観に来るくらいだけど、あんましヘンな事には遭遇しないですネ(名画座には十年くらい前に一度だけ入ったけど、その時は遭遇したけどネ^_^+)。
それと、レース結果は貼り出されてないと思うけど、ロビーから(もしくは外から)「競馬中継」が館内に洩れてきますネ(苦笑)。
林与志侍
2006/01/09 14:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Road to 浅草(7) 六区映画街1 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる