To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005外国映画ベストテン&ワーストテン

<<   作成日時 : 2006/02/18 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.セルラー(デヴィッド・R・エリス)
2.海を飛ぶ夢(アレハンドロ・アメナーバル)
3.そして、ひと粒のひかり(ジョシュア・マーストン)
4.バタフライ・エフェクト(エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー)
5.アレキサンダー(オリバー・ストーン)
6.コントロール(ティム・ハンター)
7.ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方(スティーブン・ホプキンス)
8.ロード・オブ・ウォー(アンドリュー・ニコル)
9.マルチュク青春通り(ユ・ハ)
10.PTU(ジョニー・トー)

『セルラー』:サスペンス、アクション、コメディの要素が90分にギッシリ詰まった傑作。チャラいニイちゃんと、ショボいオッチャンと、ケバいオバチャンが、頑張る頑張る頑張る姿に思いっきり感情移入。
『アレキサンダー』:最大のスケールを持った青春映画。遮二無二前へ突き進むのも、後ろを振り返ることをしないのも、若者ならではの生き様。
『コントロール』:狂犬とマッドサイエンティストのサイコサスペンスと思わせておいて、実は最高の男泣き映画。

セカンドテン
1.ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド)
2.フライト・オブ・フェニックス(ジョン・ムーア)
3.ナショナル・トレジャー(ジョン・タートルトーブ)
4.シン・シティ(フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス)
5.ザスーラ(ジョン・ファヴロー)
6.キャビン・フィーバー(イーライ・ロス)
7.宇宙戦争(スティーブン・スピルバーグ)
8.ブルー・レクイエム(ニコラ・ブークリエフ)
9.コーラス(クリストフ・バラティエ)
10.マラソン(チョン・ユンチョル)
次点.ヴェラ・ドレイク(マイク・リー)、ホステージ(フローラン・シリ)

『ミリオンダラー・ベイビー』:「許されざる者」や「ミスティック・リバー」ほどではないけど、ここでもイーストウッドのエエカッコしい体質とキレイにまとめすぎちゃう甘さが気になった。

ワーストテン
1.セブンソード(ツイ・ハーク)
2.四月の雪(ホ・ジノ)
3.クローサー(マイク・ニコルズ)
4.キングダム・オブ・ヘブン(リドリー・スコット)
5.オペラ座の怪人(ジョエル・シューマカー)
6.Mr.&Mrs. スミス(ダグ・リーマン)
7.オーシャンズ12(スティーブン・ソダーバーグ)
8.ネバーランド(マーク・フォースター)
9.ドミノ(トニー・スコット)
10.チャーリーとチョコレート工場(ティム・バートン)
次点.スパイ・バウンド(フレデリック・シェンデルフェール)、ザ・インタープリター(シドニー・ポラック)、THE JUON/呪怨(清水崇)、アルフィー(チャールズ・シャイア)
ワーストはどうでもいい作品(「レジェンド」とか「ハウス・オブ・デッド」とか)は除外。入れるとキリがなくなって、30本ぐらい選ぶことになるから。

新作外国映画鑑賞本数:141本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2005外国映画ベストテン&ワーストテン To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる