To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草名画座の番組チラシが素晴らしい

<<   作成日時 : 2006/03/11 02:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

浅草名画座の番組チラシが昨年初頭にリニューアル、浅草中映とのカップリングながらB4二つ折りの両面印刷になった。
これまではB6片面印刷にタイトル、監督、出演者2、3名が書かれただけの素っ気ないものだったが、情報量も増えて、制作年、制作会社、上映時間も掲載されている。
さらに各作品について4、5行の解説が書かれている。多分、劇場スタッフが執筆しているのだろうが、これが滅法面白いので、今手許にある昨年9月以降のものから特に傑作なものを抜き書きしてみたい。

「前田吟シェフのスペシャルディナーには思わず星3つ」(仁義なき戦い 広島死闘編)

「掟破りの特注乳母車は、ボンドカー顔負けの破壊力!」(子連れ狼 死に風に向う乳母車)

「寅のイタイ関西弁にはしばし呆然・・・。朝日印刷創業以来の大騒動”タコ失踪事件”はひたすら大迷惑!」(男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎)

「任侠道の暗黒面に堕ちた遠藤辰雄を、今回も徹底的に成敗してくれる幻のシリーズ第1弾!」(着流し百人)

「いつもはサオ師の梅宮辰夫が、手のひら返して硬派にキメる」(決着<おとしまえ>)

「皮ジャン鶴田にシビレまくり、ミッキー・カーチスで一気に脱力」(暗黒街の対決)

「戦国時代にタイムスリップした自衛隊が、憲法9条バックレて、信玄相手に宣戦布告!」(戦国自衛隊)

「梅宮と草刈正雄が実の兄弟というミラクルな設定はさすが東映!」(新極道の妻たち 覚悟しいや)

「米を牛耳り私腹を肥やす悪の親玉は・・・、またまたお前か安部徹!」(日本女侠伝 鉄火芸者)

「スケコマッシャー梅宮が火照った体をググッとこらえ、硬派に徹する任侠シリーズ第2弾!」(続・決着<おとしまえ>)

「麻薬でウハウハ商売繁盛の銭ゲバ・松方をえぐりこむように討つべし!」(修羅のみち9 北九州烈死篇)

「観る者の思考能力をマッハで停止させる前人未到の極楽シリーズ第2弾!浅名(浅草名画座のことね)アニキが今年一年の感謝をこめて贈る、お歳暮代りの大傑作!」(直撃地獄拳 大逆転)

「ムショから出てきたひとりの老人。(中略)孫や土地のヤクザを巻き込んで、シルバーパワー全開の大騒動を繰り広げる!老いてなお暴れまくる介護いらずの野良犬・文太の痛快人情アクション!」(わたしのグランパ)

フザケながらも造詣の深さがしっかり伝わるところが大したもの。しっかり観てなきゃ、これは絶対書けないでしょ。
客を呼ぶためのチラシなのに、観てない人にはナンノコッチャ?な「広島死闘編」や、ハートウォーミングドラマを強引にヤクザ映画にした「わたしのグランパ」はご愛嬌。
こんな感じで毎月12ないし15本の上映作品が紹介されていて、私はこの番組表を貰うために、映画は観なくとも毎月アタマには浅草名画座を訪れるのが習慣になってしまった。

ここで紹介したのは12月までのもの。今年に入ってからのものは、第2弾としてまた後日に。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[古書市][人喰いじゃない映画]京王百貨店古書市と浅草名画座
松屋は牛丼もうまいけど、デパートもいいよねー。三越とか伊勢丹とかにはない、いかにも“日本の百貨店”という感じが好きなんだよ。 で、昨日は新宿の京王百貨店と、浅草の松屋でそれぞれ古書市があるとのことで、出掛けてきた。まずは新宿京王だ。松屋が好きなのに、なぜ ...続きを見る
pithecanthropus coll...
2009/12/27 11:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅草名画座の番組チラシが素晴らしい To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる