To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫を見た。

<<   作成日時 : 2006/04/29 04:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

真偽のほどは判らぬが、先日、ある雑誌に「猫ひろしは、あと4センチ背が低かったら放送コードに引っかかってテレビに出られなかった」という記事が載っていた。
気になって、猫ひろしの身長を調べたら147センチだった。ってことは143センチ以下がアウトということになるわけだけど、これって高すぎるような気がしない?
うろ覚えなのだが、ミゼットプロレスのレスラーは140センチ以下が条件じゃなかったっけ?モーニング娘。のメンバーとかにもアウトのコがいるんじゃない?男と女じゃ放送コードの基準が違うか。女は135センチぐらい?
例えば、人気子役が(年齢的に)成長しても身長がまったく伸びず、18歳を境にブラウン管の前から(この表現も薄型テレビの普及とともに消えていくんだろうな。「チャンネルを回す」はもう消えた?)プッツリと姿が消えた、なんてことも有り得るのかな。

マジメにこういう規制についてどうこう言うつもりはまったくないけど、ひとつ不思議に思うのは、小さい人には規制がかかるのに、大きい人はいくらデカくても問題ナシってこと。なんでだろ?
そのうち、2メートル以上は放送コードに引っかかります、なんてことになって、生前のジャイアント馬場の映像が放送できなくなったり、曙が「実はボク、198センチなんですよ」なんて言い出したりしたらちょっと笑うよな。笑いごとじゃないか。

ここで、今度は有名人(芸能人)の身長が気になってので調べたのだが、一覧表みたいなものは見つからなかった。意外。こういうのって結構みんな気になるもんじゃないの?
見つかったのはこれだけ。

お笑い芸人の身長一覧

相方がデカすぎるんで気付かなかったけど、レイザーラモンRGも結構デカいんだね。水道橋博士も思ってたほど小さくない。
猫ひろしは、やはりというか当然というか、人間では一番小さい。

で、猫ひろしの話に戻るのだが、プロフィールの「映画出演」に『漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)』とあった。
『ババアゾーン』は完成披露試写会で観ていて、関係者の舞台挨拶で小さいけどやたらテンションの高い人がいたのを思い出した。あれってひょっとして猫ひろし?もう2年も前で、その当時はまだ無名だったので、すっかり忘れていた。
舞台挨拶としては珍しく写真撮影が禁止されておらず、デジカメで何枚か舞台上を撮ったので、ひょっとして写ってるかもと思い、捜してみたら一枚だけあった。

画像


これ、そうだよね。
こうやって改めて見ても、放送コードまであと4センチというほどのヤバさはまったく感じないけどなあ。
ちなみに猫ひろしの向って左隣は根岸季衣。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猫を見た。 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる