To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS K−1 ラスベガス大会

<<   作成日時 : 2006/05/01 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

人気スター選手の出場はなかったものの、派手な試合も多くてラスベガスらしい華やかさのある興行だった。

(テレビでの)オープニングマッチはルスラン・カラエフvsステファン・レコ。
レコはPRIDEで連戦連敗、K−1に復帰したものの新星バダ・ハリに豪快なKO負け。今回は負傷したグラウベ・フェイトーザの代役としての登場だが、次世代のスターとして売り出したいカラエフの噛ませ犬としての起用と見ていいだろう。
試合は予想通り3R途中までにカラエフが2度のダウンを奪い圧勝ムード。凡戦ではないものの今ひとつの展開だったが、終了間際、レコが噛ませ犬の意地を見せるかのようなストレートでダウンを奪い返し見せ場を作った。

チェ・ホンマンvsザ・プレデター
こちらは、プレデターが噛ませ犬の役。試合前の煽りVからして完全に主役はホンマン。
思い返せばプレデターは、HERO’S韓国大会ではチェ・ムベの、大晦日のDYNAMITEではボンヤスキーの噛ませ犬だった。しかし、ムベには何もさせずに判定勝利、ボンには敗れたものの僅差(1−2)の判定と予想外の強さを見せた。
ここでも波乱を起こしてくれることを期待したが、開始早々ホンマンのストレートにあっ気なくダウン。盟友トム・ハワードの二の舞かと不安になる。だがプレデターは、ここから本領を発揮する。ホンマンの巨体にも、意外な進歩を見せるパンチにも臆することなく前に出る。2Rには2度目のダウンを奪われ、ドクターチェックが入るほどの流血をさせられるが、それでも前に出ることを止めない。そして2R終盤、スタミナが切れかかったホンマンをストレートで後ろ向きにさせ、3Rにはパンチの連打とローキックでグラつかせる。結局、2度のダウンが響き判定で敗れはしたものの、プロレスラーの鑑と言ってもいいほどの素晴らしい戦いぶりだった。
ちなみに3Rに彼が2度見せた、実況では前蹴りと言っていたキック、あれは断じて前蹴りではない。ブロディ・キックである。

ゲーリー・グッドリッジvs謙吾
なぜか謙吾。K−1に謙吾。ラスベガスに謙吾。
彼の場合は噛ませ犬でOK。亀田兄弟の相手のタイ人なみにガチガチの噛ませ犬。
1RKO。秒殺。お勤めご苦労さまでした(笑)。

ゲーリー・グッドリッジvsハリッド“ディ・ファウスト”
謙吾戦では気付かなかったけど、グッドリッジ痩せたんじゃない?二の腕がちょっと細くなったような気が。
ハリッドの試合は何度か見ているはずなんだけど、全然覚えていない。調べてみると、総合ルールで中村に負けて金原に勝ってる。うーん、微妙。
試合はハリッドがヘビー級にしては小柄なのにも関わらず、何度もグッドリッジと打ち合う場面を見せ、2度のダウンを奪われるも、最後の最後で大逆転の失神KO、絵に描いたようなドラマチックな結末。でも、この名勝負はグッドリッジが作ったもの。ポイント的にはセーフティリードなのに、守りに入る気配がまったくなし。口では常にKOを狙うと言うヤツはいくらでもいるが、それを実践するのはごく僅か、大事な試合でそれをやるのはグッドリッジぐらいのもんだろう。バカ、でも偉大。

セーム・シュルトvs武蔵
もう武蔵の悪口を言うのは飽きた。でも言う。
とりあえず試合前に、アグレッシブな戦いをする、みたいなことを言うのはもうやめれ。誰も信じていないんだから。
素直に「ダメージを与えられなくてもいいからコツコツと当ててポイントを稼ぎ、少しでもヤバいと思ったらすかさずクリンチをして、僅差の判定勝ちを狙います」と言えば、見る方も「ああ、有言実行だな」と少しは納得できるだろうから。
それができないなら、去年のGP準決勝みたいに派手にKOされてくれ。
「武蔵の試合で面白いのは、武蔵がKOされた試合だけ」というのがファンの間では常識だ。
試合はやっぱり退屈だった。懐に入ってはクリンチ。相手がデカいんで腹と胸の間あたりに腕を回す武蔵。それを必死に引き剥がそうとするシュルト。これが何度も繰り返される。リング上の金色夜叉・・・。
終了のゴングと同時にガッツポーズを見せる武蔵。アホか。
こんな試合を中継のメインに持ってくるテレビ局もどうかしてると思う。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。ザ・プレデター。素晴らしいファイトだったと思います。今後に期待です。さらに進化すればGPで台風の目になることも夢ではありません。ゲイリー・グッドリッジに秒殺された頃とは別人の強さです。フロントキック。やりましたね。間違いなくダイナマイトキックでした。しかし似ています。身長・体重もほぼ同じだし、K−1のキングコングになってもらいたいです。応援していきます。
沢里尊
2006/05/01 19:47
>沢里尊さま
ようこそお越しくださいました。
そういえばプレデター、今回の入場時はチェーンを振り回してなかったですよね。K−1でもあれはやらなきゃいけないでしょう。
GPは7月と8月にも予選があるので、どちらかに出て欲しいですね。
キルゴア二等兵
2006/05/01 23:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
K−1 ラスベガス大会 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる