To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(06.05)その2

<<   作成日時 : 2006/06/11 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のひとこと(05.31)
近々発売されそうな洋ピン(って呼び方は今はしないか?)のタイトルを考える。
「ダ・ビッチ・コード」「プッシィドン」

今日のひとこと(05.30)
先日、パチスロに熱中して子供を死なせたバカ夫婦は、その子供の名前もパチスロの人気機種のキャラクターから付けたらしい。
お前ら死ね。

今日のひとこと(05.29)
いくら自分は手を出すことができないと言っても、素人の顔面パンチを食らって骨折する桜井マッハ速人はあまりに情けない。

今日のひとこと(05.27)
めしや丼の新メニュー「豚キムチ定食」は、味はまあまあなのだが、肉とキムチの少なさを卵とじで誤魔化しているのが気に入らない。

今日のひとこと(05.26)
「ドカベン」の掲載ページが以前よりずい分うしろになったような気が。現実離れし過ぎて人気が落ちたか?

今日のひとこと(05.25)
神保町でランチバイキング。
カレーもヤキソバもスープも、具は全て冷凍のミックスベジタブル。ナメてるんか?

今日のひとこと(05.24)
星野SDは、たとえ最悪の事態を迎えても辞めたりせずに内部から戦いを挑んでほしい。天罰を期待したりせずに、自ら正義の鉄槌を下すべきだ。

今日のひとこと(05.23)
スポナビの高橋直人(ナオト)インタビュー
近頃これほど読んでスカッとする格闘家インタビューはないね。
ファンになったよ。ジムは私の地元だし。

今日のひとこと(05.22)
「ドーピングをやったから打てるわけじゃない。本塁打記録が割引されることはない。」
ボンズの記録に対する王監督のコメント。
これはどう考えても間違ってるでしょ。問題視しなくちゃいけない発言だと思う。

今日のひとこと(05.21)
9連勝でパ・リーグに続き交流戦も首位。
しかし、去年の再現となるかどうかは、今週の阪神、巨人との6連戦次第。ここを4勝2敗でいければ・・・。

今日のひとこと(05.20)
石田ゆり子が『愛の流刑地』を捨て『釣りバカ日誌17』を選んだとしたら、これほど残念なことはない。
実は彼女がキャンギャルでデビューした頃からのファンなんです。

今日のひとこと(05.19)
今年のプロ野球は、完封試合がやけに多いような気がする。

今日のひとこと(05.18)
週刊文春の新聞広告で、
「億ションお引越し、サーヤを百円ショップで発見!」という見出しを見つけ、
「億ションかあ、今でもお布施とかスゴいんだなあ」
サーヤをショーコーの娘と一瞬勘違い。

今日のひとこと(05.17)
前々から気になっていたこと。
「THE 3名様」の3人が座ってる席ってデカすぎないか?

鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『陽気なギャングが地球を回す』☆☆
騙し合いの映画を作るなら、もっと緻密な演出をしなくちゃ。

『ファイナルカット』☆☆★

『ヨコハマメリー』☆☆☆☆★
メリーさんに向けられた視点が、様々な方向に拡がっていきながらも、それがメリーさんの人生をより深く掘り下げることになる。好奇心の強いドキュメンタリーは楽しい。

『アンジェラ』☆☆
ボクだってこーゆー恋愛ドラマが撮れるんだよ、と本人は言いたいのかも知れないが、相変わらず精神年齢は低い。

『寝ずの番』☆☆☆★
同じこと(葬式)を3つ続けるだけで他には何もないのだから、とことん過激さをエスカレートさせればいいのに、根がマジメなのかお上品すぎるのか開き直ることができていない。芸を見せるより笑いをとることにこだわって欲しかった。

『明日の記憶』☆☆☆☆
堤幸彦の力量を見誤ってた。すまん。病気の兆候から発覚までがリアルで怖い。大滝秀治、圧巻。後半の彼は主人公の作り出した幻影だよね?

『ナイロビの蜂』☆☆★
物語よりアフリカの現実を捉えた様々な風景のほうが訴えかける力があった。この監督は前作のときも思ったのだが、状況説明が下手なんじゃないか?

『淫絶!人妻をやる』☆☆
昔使った脚本を引っ張り出してくるなら、せめて登場人物の名前ぐらい変えればいいのに。野沢だの佐伯だのじゃ片岡修二ってすぐバレるよ。おそらく当人の承諾とってないんだろうし。

『美人セールスレディ 後ろから汚せ』☆

『CUBE ZERO』☆☆☆★

『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』☆☆☆
ラウラ・モランテは20年ぐらい前にはじめて見た時から、ほとんど変わっていない。気になって調べてみたら、なんと今年で50才。イタリアの秋吉久美子だなあ。

『先生の奥さん したがり未亡人』☆☆

『熟妻交尾 下心のある老人』☆☆★
観客のニーズにしっかり応えているという点では評価できる。新田栄は星3つで満点だから、かなりの高評価だと思ってください。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(06.05)その2 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる