To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(06.11)1

<<   作成日時 : 2007/01/09 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のひとこと(11.15)
松坂に60億。
ひょっとしてライオンズ球団の資産価値より高いんじゃない?

今日のひとこと(11.13)
試写会場のニッショーホール(虎ノ門)を東商ホール(二重橋前)と間違える。今年2度目。

今日のひとこと(11.11)
ベイジル・ポールドゥリス死去。
『コナン・ザ・グレート』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』、戦意高揚音楽の名手だった。

今日のひとこと(11.10)
パチンコ屋が店名の入った「うまい棒」を配っていた。これはなかなか有難い。原価はティッシュと変わらないのだろうから、これからどんどん増えることを期待。

今日のひとこと(11.09)
明治神宮前駅のホームで駅名表示板が目に留まり、反射的に宮前真樹が頭に浮かぶ。最近見かけないけどどうしたんだろ?引退したんだっけ?

今日のひとこと(11.07)
ジャイアンツが本当に欲しかったのは、谷じゃなくて嫁さんの方だろ。長嶋とのツーショット観戦は絶対あるな。

今日のひとこと(11.06)
『ただ、君を愛してる』鑑賞。
看護士を演じていた小林愛って、『オトナ帝国』でチャコの声をアテていた人と同一人物?

今日のひとこと(11.05)
MXテレビが1週間に放送するアニメは27本。昭和40年代みたいだ。

今日のひとこと(11.04)
ある映画の字幕にいきなり「溝の口」と出てきて「???」。数秒後に「薄ノロ」だったことに気付く。疲れてるんだと思う。

今日のひとこと(11.02)
秋映画のお気に入りベスト3『トンマッコル』『16ブロック』『蛇飛行』、全部興行的にはダメらしい。悔しいなあ。

今日のひとこと(11.01)
似てると思う。
ファイターズ森本とストッキング強盗。

鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『ナチョ・リブレ 覆面の神様』(ジャレッド・ヘス)☆☆☆
確かにJ・ブラックみたいなルチャ・ドールっているわな(有名どこだとペロ・アグアーヨとか)。でも、もう少し真剣にやってほしかった。笑いも感動も今一つなのはカラダを張ってないからだ。

『アローン・イン・ザ・ダーク』(ウーヴェ・ボル)☆☆
やっぱダメだ、コイツ。

『父親たちの星条旗』(クリント・イーストウッド)☆☆★
主要登場人物で最初から顔がわかったのがB・ペッパーぐらいで、P・ウォーカーなんかどこにいたのか最後までわからんかった。無理解、無神経な人物の描き方があまりに紋切型であきれた。

『ただ、君を愛してる』(新城毅彦)☆☆★
変わり者の女の子を演じる宮崎あおいの「何を演ってもカワイイわたし」ぶりが鼻につく。ゴールデンのドラマだったら女子のバッシング浴びるぞ、これ。

『ストロベリーショートケイクス』(矢崎仁司)☆☆☆★
何も起こらんし、4人のヒロインの生活のリズムも同じように緩慢だしで、前半は睡魔と闘いながらの鑑賞だったが、池脇が2ケツで母親に会いに行く場面あたりから急にすべてが鮮明になってきて、そこから先はワクワクしながら観ていた。悩み多き日々をリアルに描きながらも湿っぽくならず、常に風通しが良いのが気持ちいい。

『レイヤー・ケーキ』(マシュー・ヴォーン)☆☆★
もっと軽妙に演出した方が面白くなるようなストーリーとキャラクターなのに、勘違いして正統派を狙って失敗、「重厚」になるはずが「鈍重」に。

『涙そうそう』(土井裕泰)☆☆☆
昭和30年代の松竹映画のリメイクと言われたら信じちゃうような古風なハナシだが、主役2人の自然な健全さのおかげで「今時ありえねーよ」とはならない。
泣かせの最終兵器に「死」を持ってくるのは、そろそろやめてほしい。
しかし長澤まさみはホントに健康的だなあ。ご飯はドンブリ3杯食べて、毎日8時間は寝てそうだ。身長も逆サバ読んでそう(公称168センチだけど楽に170あるんじゃない)。父親が元サッカー選手なんだから身体能力も高いだろうし。格闘技やってくんねぇかな。

『ウィンター・ソング』(ピーター・チャン)☆☆★
10年ぶりの再会とはいっても、お互い有名人なんだから相手の動向や外見の変わりようは解っていたはずだし、そんなにドラマチックになることもないと思うんだけど。劇中劇のミュージカルが洗練されていないためか、なんだか歌謡映画みたいだった。

『トンマッコルへようこそ』(パク・クァンヒョン)☆☆☆☆★
最後までファンタジーを貫いた方が作る側は楽だし、観る側も心地良い気分になれる。でも、南北統一という悲願どころか、朝鮮戦争の終結さえしていない(休戦中なだけ=どれだけの日本人がこのことを知っているのだろう?)のだから、そんなわけにはいかない。現実逃避しない気骨、できない悲しみ、どちらも映画にとって大きな糧となっている。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(06.11)1 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる