To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS ’07上半期ベスト・ワースト(外国映画)

<<   作成日時 : 2007/07/18 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.『世界最速のインディアン』(ロジャー・ドナルドソン)
2.『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』(ラリー・チャールズ)
3.『ボンボン』(カルロス・ソリン)
4.『ボビー』(エミリオ・エステベス)
5.『デジャヴ』(トニー・スコット)
6.『ブラッド・ダイヤモンド』(エドワード・ズウィック)
7.『ラストキング・オブ・スコットランド』(ケヴィン・マクドナルド)
8.『ロッキー・ザ・ファイナル』(シルベスター・スタローン)
9.『ルワンダの涙』(マイケル・ケイトン・ジョーンズ)
10.『コマンダンテ』(オリバー・ストーン)
次『ツォツィ』(ギャヴィン・フッド)『ゾディアック』(デビッド・フィンチャー)

ワーストテン
1.『ゴーストライダー』(マーク・スティーヴン・ジョンソン)
2.『情痴 アヴァンチュール』(グザヴィエ・ジャノリ)
3.『オール・ザ・キングスメン』(スティーブ・ザイリアン)
4.『ラッキーナンバー7』(ポール・マクギガン)
5.『Gガール 破壊的な彼女』(アイヴァン・ライトマン)
6.『フリーダム・ランド』(ジョー・ロス)
7.『マリー・アントワネット』(ソフィア・コッポラ)
8.『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』(ウィルソン・イップ)
9.『今宵、フィッツジェラルド劇場で』(ロバート・アルトマン)
10.『墨攻』(ジェィコブ・チャン)
次『プロジェクトB・B』(ベニー・チャン)『ハンニバル・ライジング』(ピーター・ウェーバー)

新作映画鑑賞本数56本

ハリウッドでの雇われ仕事では殆どが駄作のドナルドソンとケイトン・ジョーンズが、やりたいことをやって結果を残し、ハリウッドの枠内でやりたいことをやったズウィックとスタローンとフィンチャーも結果を残し、ハリウッドでの雇われ仕事がやりたいことのスコットも結果を残した。そしてハリウッドをから離れてもスト−ンはストーンだった。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
’07上半期ベスト・ワースト(外国映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる