To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007外国映画ベスト&ワースト

<<   作成日時 : 2008/02/11 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベスト20
1.『世界最速のインディアン』(ロジャー・ドナルドソン)
2.『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』(ラリー・チャールズ)
3.『ボンボン』(カルロス・ソリン)
4.『リトル・チルドレン』(トッド・フィールド)
5.『ブラッド・ダイヤモンド』(エドワード・ズウィック)
6.『ボビー』(エミリオ・エステベス)
7.『キングダム 見えざる敵』(ピーター・バーグ)
8.『善き人のためのソナタ』(フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク)
9.『デジャヴ』(トニー・スコット)
10.『迷子の警察音楽隊』(エラン・コリリン)
11.『ロッキー・ザ・ファイナル』(シルベスター・スタローン)
12.『ラストキング・オブ・スコットランド』(ケヴィン・マクドナルド)
13.『ルワンダの涙』(マイケル・ケイトン・ジョーンズ)
14.『ディセンバー・ボーイズ』(ロッド・ハーディ)
15.『コマンダンテ』(オリバー・ストーン)
16.『ゾディアック』(デビッド・フィンチャー)
17.『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(オリヴィエ・ダアン)
18.『スターダスト』(マシュー・ヴォーン)
19.『ツォツィ』(ギャヴィン・フッド)
20.『トランスフォーマー』(マイケル・ベイ)
次『カンナさん大成功です!』(キム・ヨンファ)『ディスタービア』(D・J・カルーソー)『シッコ』(マイケル・ムーア)

相変わらずコメディと男泣き映画に弱いです。でも、去年一番泣けたのは『ルワンダの涙』のエンド・クレジット。
’07最大の予想外は『ロッキー・ザ・ファイナル』の出来。ではなくスタローン(あるいはロッキー)に対する世間の眼の温かさ。ずっと応援してきた者としては嬉しいことは嬉しいんだけど、これまでさんざバカにしてきたくせに今さらなんだよという思いも少々。
気になる見逃し作品は、『ヒルズ・ハブ・アイズ』(アレクサンドル・アジャ)『ヴィーナス』(ロジャー・ミッシェル)『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』(マリオ・カナーレ、アンナローザ・モッリ)『ペルセポリス』(マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー)『俺たちフィギュアスケーター』(ウィル・スペック、ジョシュ・ゴードン)。

ワースト20
1.『ファウンテン 永遠につづく愛』(ダーレン・アロノフスキー)
2.『大統領暗殺』(ガブリエル・レンジ)
3.『ゴーストライダー』(マーク・スティーヴン・ジョンソン)
4.『情痴 アヴァンチュール』(グザヴィエ・ジャノリ)
5.『ラッキーナンバー7』(ポール・マクギガン)
6.『マリー・アントワネット』(ソフィア・コッポラ)
7.『シュレック3』(クリス・ミラー)
8.『傷だらけの男たち』(アンドリュー・ラウ、アラン・マック)
9.『Gガール 破壊的な彼女』(アイヴァン・ライトマン)
10.『オール・ザ・キングスメン』(スティーブ・ザイリアン)
11.『ゴースト・ハウス』(オキサイド&ダニー・パン)
12.『マイティ・ハート 愛と絆』(マイケル・ウィンターボトム)
13.『ストーン・カウンシル』(ギョーム・ニクルー)
14.『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』(ウィルソン・イップ)
15.『墨攻』(ジェィコブ・チャン)
16.『ルネッサンス』(クリスチャン・ヴォルクマン)
17.『今宵、フィッツジェラルド劇場で』(ロバート・アルトマン)
18.『ラッシュアワー3』(ブレット・ラトナー)
19.『ナンバー23』(ジョエル・シューマカー)
20.『ブレイブ ワン』(ニール・ジョーダン)
次『プロジェクトB・B』(ベニー・チャン)『フリーダム・ランド』(ジョー・ロス)『ストレンジャー・コール』(サイモン・ウェスト)

スティーブン・セガールは殿堂入りしました。

新作映画鑑賞本数133本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2007外国映画ベスト&ワースト To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる