To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(07.11)2

<<   作成日時 : 2008/03/16 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

今日のひとこと(11.30)
10月は3回、11月は5回、自転車で浅草へ行った。当然、映画を観るのが目的なんだが、気候が良かったもんだから、それほど観たい番組じゃなくても、休みになるとつい行っちゃうんだよ。片道約8.5キロでいい運動になるし。

今日のひとこと(11.29)
駅前に甲冑屋を発見。入る勇気はなく外から覗いただけだが、狭い店内には甲冑を身にまとったマネキンがずらっと並んで壮観。値札を見ると、一式60〜80万ぐらい。高いのか安いのかまったく見当が付かない。

今日のひとこと(11.27)
あれっ?父親が犯人じゃなかったんだ。と思った人が、全国で3000万人ぐらいはいるよなあ。だって、ちょっと亀田のオヤジ入ってるし(川田利明にもチョイ似)、いきなりスキンヘッドになったりするもんだから。

今日のひとこと(11.25)
シネスクへ行く。
早めに入場したらモギリに、「上映途中ですがよろしいですか」
あれ?完全入れ替え制じゃなくなったんだ。
上映終了後に場内清掃せず、すぐに次の回の客が入場。場内のあちこちにゴミが。飲食もOKになったらしい。
昔は日本一敷居の高い劇場だったのにねえ。
うわっ、正月第2弾で『魁!!男塾』だよ。劇場違うだろ。

今日のひとこと(11.23)
日本映画の予告編って、いつから主題歌流すのが決まりになったんだろう?ストーリーにも映像にもたいして観るべきところがないから、歌を流して雰囲気だけで誤魔化してるんだよな。

今日のひとこと(11.22)
テアトル新宿で『転々』。
この題名は、当然「天然」なんかと同じ発音だと思ってたが、場内放送ではパンダの名前みたいな発音をしてた。それが正しいのか?

今日のひとこと(11.21)
ピエール・グラニエ・ドフェール死去。
この人とかクロード・ソーテの人間、恋愛ドラマは、自分にとってはもっとも「良質」で「らしい」フランス映画だった。『帰らざる夜明け』『離愁』は名作。

今日のひとこと(11.18)
岡田斗司夫って痩せてから感じ悪くなったなあ。プロ野球選手に例えると、デーブ大久保が達川になったような感じ(達川は嫌いじゃないけど)。自慢げに話してるけど、デブ時代の皮膚がたるんで、身体のあちこちがババアのオッパイみたいになってると思うよ。

今日のひとこと(11.17)
初めてシネマブルースタジオへ。予想していた通り、全然客が入っていない。約300席に10人もおらず、しかも自分ともう一人以外は近所のオバチャン(風)。税金で運営してるんだろ、ここ。集客努力しないんならやめちまえ。


鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『ディスタービア』(D・J・カルーソ)☆☆☆★
これといって突出した部分はないが、異常性と意外性に囚われすぎている最近のサスペンスの中で、このシンプルさはかえって新鮮。加えて、派手さを求めて物語、描写をエスカレートさせることなく、ティーン映画としての側面を最後まで崩さなかった点も評価したい。

『ソウ4』(ダーレン・リー・バウズマン)☆☆
例によって前作までを殆ど覚えてないため、最後まで話がよく掴めなかった。おまけに捕らえられている人物がボロボロ状態なもんだから、誰だか判別がつかない。

『ナンバー23』(ジョエル・シューマッカー)☆☆★
結局、明らかになるのは主人公の過去だけで、「23」という数字には何の意味もなかったってのはどうかと思う。それに記憶を失っているのは自殺未遂をする前までのことで、その後、精神病院に入ってたことまで忘れてるのはおかしくないか?//なんか70年代のTVムービーみたいな感じの映画だった。もし、深夜にテレビを点けた時に偶々やってたりしたら、ついつい最後まで観ちゃいそうな感じ。

『犯人に告ぐ』(瀧本智行)☆☆☆☆

『転々』(三木聡)☆☆☆
奇妙な可笑しさの中に常につきまとう夕暮れ時の物悲しさは、この監督の新境地。ただし、小泉今日子が出ているあたりは、ヘンにイイ話を作ろうとしすぎ。

『めがね』(荻上直子)☆☆★
なんだか新興宗教っぽい匂いがしてて薄気味悪い。癒されたくて旅をするような女性って、ホントにこういう出会いや人間関係を求めてるの?//もたいまさこの眼と薄ら笑いの口元が怖い。

『大人はわかってくれない』(フランソワ・トリュフォー)☆☆★

『ピアニストを撃て』(フランソワ・トリュフォー)☆★

『迷走地図』(野村芳太郎)☆☆☆
この頃の渡瀬恒彦の頭髪は、今と比べるとずい分薄い。

『前科 ドス嵐』(小沢啓一)☆☆★

『座頭市牢破り』(山本薩夫)☆☆☆☆

『キネマの天地』(山田洋次)☆☆☆☆

『桃尻女将のねばり味』(竹洞哲也)☆☆☆★

『浪速ノーパン娘 我慢でけへん』(加藤義一)☆☆
わざわざ大阪にまで行って撮ってるんだから、もう少し気合いを入れて欲しかった。手抜き丸出しのお好み焼き屋の看板とか、勤務中以外も白衣と聴診器の女医とか、新田栄しすぎ。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「メガフォース」のビデオ、500円で買いますよ。 4月下旬に池袋で会うでしょうから、その時にでも。昔、劇場か日曜洋画劇場で見て、面白かった記憶があるから。
XYZこと某童貞
2008/03/23 13:31
了解しました。ただ、今週はちょっと忙しくて、週末にならないと買いにいけそうもないので、それまで待ってください。
しかし、ヘンなのが好きですね。まあ良し悪しはともかくインパクトは強くて、記憶に残る映画ではありますが。
キルゴア二等兵
2008/03/23 20:55
すみません。よろしくお願いします。
XYZこと某童貞
2008/03/24 11:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(07.11)2 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる