To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(07.12)1

<<   作成日時 : 2008/04/05 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のひとこと(12.15)
最近はあまり聞くことがなくなった、映画館内での注意を促すアナウンス。普通は「スリ、置引き、痴漢」だと思うが、浅草名画座では「スリ、置引き、恐喝」。客の懐具合と捕まるリスクを秤にかけたら、ここでの恐喝は割が合わないと思う。痴漢はもっと割が合わないが。

今日のひとこと(12.14)
中田の記者会見
お偉いさんを呼んで自分に箔を付けようとするのがいかにもコイツらしい。コイツは本当に、自分がいかに価値のある人間かを誇示するのが好きだよなあ。

今日のひとこと(12.12)
前々から思ってたんだけど、地球温暖化を食い止めるには人間の数を減らすのが一番効果的なんじゃないの。政府は少子化対策なんて今すぐ止めるべき。国が甘やかすと、テメエの経済力考えないで最初から国の補助金頼りで出産するヤツが増える一方だし、そういうヤツにはマトモな子育てなんかできないでしょ。

今日のひとこと(12.11)
フリー・コミック誌「コミック・ガンボ」休刊
毎週欠かさず入手してしてたのに。残念。色々問題はあったと思うが、一番は「厚い」ってことだったのでは。

今日のひとこと(12.10)
『やじきた道中 てれすどん』
旅先で地底人の地上侵略計画を知ってしまったやじきたコンビが、地球の平和を守るため合体して巨大化、地底怪獣てれすどんと戦う。

今日のひとこと(12.08)
テレビでK−1GP観戦
シュルトの優勝は順当。一番の波乱は武蔵がKO勝ちしたことか。シュルトにKOされたときのアーツの首から上の動きが、ちょっとコントっぽかった。

今日のひとこと(12.06)
こないだシネコンでトイレに入ったら、6人ぐらいの小学生の集団と遭遇したんだけど、全員が用を足したあとにちゃんと手を洗うのに驚いた。俺らの時代は、そんなことするのは優等生だけだったのに。関係ないが、浅草新劇場のトイレの入り口のドアが取り外されてるのは、誰も手を洗わないんでドアの取っ手が汚いからじゃないかと推測。

今日のひとこと(12.05)
初めてモヤシを買った。29円。賞味期限が書いてない。何日ぐらい持つんだろう。いくら安くても無駄にするのはイヤだ。

今日のひとこと(12.03)
星野JAPAN五輪出場決定。
水を差す気はないが、日本が全試合ナイトゲームなのは、韓国のオーダー変更以上のズルじゃないのか。クジとかで決めたわけではないよね。バレーボールの試合順と同じで、テレビ局の力が大きく働いたのだろうな。

今日のひとこと(12.02)
食事も入浴も忘れてテレビで野球日韓戦に熱中。すごい試合だった。でも、延長戦でも打撃戦でもないのに4時間オーバーは長すぎ。

今日のひとこと(12.01)
半年振りぐらいに「やよい軒」に行く。
冷奴が小さくなっていた。気のせいとかで済まされるレベルじゃなく、確信を持って言えるほどに。


鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『マイティ・ハート 愛と絆』(マイケル・ウィンターボトム)☆★
観てるこちらの頭が悪いせいかも知れんが、誘拐事件の状況が、解決に向かってるのか悪化してるのかがスゴく解りづらい。

『ベオウルフ 呪われし勇者』(ロバート・ゼメキス)☆☆☆
『スターダスト』の原作者が脚本を手掛けているせいか、主人公のキャラがかなり異質(当たり前のように自慢話や言い訳をし、美しい魔物の誘惑にはあっさり負ける)で、おおよそヒーローらしくないところが面白いのに、ゼメキスはそういうヒネった部分(グレンデルの幼児性とかもそう)には無頓着で、CGとチンコ隠しにしか興味なさそうなのが残念。

『パンズ・ラビリンス』(ギレルモ・デル・トロ)☆☆☆

『ロンリーハート』(トッド・ロビンソン)☆☆★

『スリザー』(ジェームズ・ガン)☆☆☆
これからしばらくのホラー映画は、80年代を懐かしむようなものが流行りになっていくのかなあ。

『ディセンバー・ボーイズ』(ロッド・ハーディ)☆☆☆☆
正月映画までのつなぎ、穴埋めではなく、ミニシアター中心にもっと大事に公開してほしかった。

『ミッドナイトイーグル』(成島出)☆☆
一刻を争うときにどーでもいい話をダラダラと、というのは、最近の大作風バカ邦画のお約束なのか?//藤竜也が首相ってのはどうかと思う。もう少し背筋がピンと伸びた人が演じないと。まあ、それ以前に、日本映画はそろそろ立派じゃない首相を出すべき。そのほうがリアルでしょ。

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(山崎貴)☆☆☆
ボロボロに泣くつもりだったので、空いていそうな時間帯に行き、周りに人が来なさそうな隅の席に座ったのに・・・。「泣かせ」が用意周到すぎ。//戦地で死んだ人間がホタルになって帰ってくるというのは、慎太郎映画でもあったけど、結構当たり前のように言われていたことなの?このエピソードだけはサラッと描かれていて良かった。

『XX<エクスクロス> 魔境伝説』(深作健太)☆☆☆☆
狙った笑いと天然バカの笑いが、まさに「混ぜるな危険」状態で大暴走。センスも知性もないが、体力だけは有り余っている深作ジュニアの資質が初めて花開いた。ただし、女子トークはこっ恥ずかしく、マジメに語るとトホホになるのは相変わらず。//ウィッカーマン的村社会にアメリカンホラーのようなモンスター的狂人放り込むというアイデアも最高。//大袈裟な効果音や怪人大爆発は仮面ライダー世代のしるし。

『やじきた道中 てれすこ』(平山秀幸)☆☆☆★

『ストレンジャー・コール』(サイモン・ウエスト)☆☆

『ドレスデン、運命の日』(ローランド・ズゾ・リヒター)☆☆★

2ペンスの希望』(レナード・カステラーニ)☆☆

遥かなる山の呼び声』(山田洋次)☆☆☆★

賞金稼ぎ』(小沢茂弘)☆☆★

『裸の女王 天使のハメ心地』(田中康文)☆☆★
多少は楽しめる竹洞哲也の劣化コピー。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(07.12)1 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる