To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(08.02)2

<<   作成日時 : 2008/07/05 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のひとこと(02.29)
空いている隣室が賃貸情報サイトに載っていたんだけど、築年が私が入居した時の資料より5年も新しくなっていた。こういうのって法的に問題ないのかなあ。

今日のひとこと(02.25)
花粉症に備えて、駅前で配っているティッシュは必ず貰って家に保存。

今日のひとこと(02.23)
山下耕作の息子が暴行で逮捕
将軍様の息子がアホなのは、あの国だけのことじゃない。

今日のひとこと(02.22)
浅草名画座で『二・二六事件 脱出』
ポスターがえらく地味で、昔出てた新東宝映画のビデオジャケットみたいだなあと思ったのだが、どうやら劇場側で自主制作したらしい。
画像


今日のひとこと(02.21)
エディソン・チャン
ポストが『香港の「キムタク」』、朝日が「羽賀研二」、フラッシュが「押尾学」。
正解はフラッシュ。多分。

今日のひとこと(02.20)
今週のアサヒ芸能60ページ
故人であり大先輩でもある人間を小馬鹿にしていい気になってる井筒和幸の良識を疑う。以前にも同じような発言をして内田裕也を怒らせ、ビビりまくって詫び入れたことを忘れたんか。

今日のひとこと(02.17)
なだぎ武が「R−1ぐらんぷり」連覇
でも、この顔はお茶の間からは好かれないだろうなあ。


鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『裏切りの闇で眠れ』(フレデリック・シェンデルフェール)☆☆★
主人公があまり前面に出ず、脇の人物だけで話をどんどん進めちゃうせいか、なんだか話がすごく判りづらい。//リンチや殺人がグロすぎて変態趣味にしか見えない。エロに関してはやりすぎでOKなのだが。

『KIDS』(荻島達也)☆★
多分、今年いちばんのバカ映画。これ以上が出てくるようだと困る。クライマックスの自動車事故だけでも、普通のバカ映画一本分はツッコミを入れられる。映画は事故直後しか見せないのだが、煙を出すクルマや転倒したバイクを適当に路上に置いただけ(ガードレールはまったく破損してない)で、どうやったらこういう事故が起こるのかが画面からまったく見当が付かない。主人公は自分の車があるのに、わざわざ走って現場に駆けつけ、ホモ臭え描写が延々と続き、いつまで経っても救急車輌はやってこない。//栗山千明はマスクをしてたほうが美人だと思う。

『ディテクティヴ』(サイモン・フェローズ)☆☆
スティーブン・レイが組織のボスで本来なら準主役のポジションなのに、ところどころで思い出したようにしか出てこないのは、やはりギャラの問題か。

『キャプティビティ』(ローランド・ジョフィ)☆☆

三代目襲名』(小沢茂弘)☆☆★

二・二六事件 脱出』(小林恒夫)☆☆★

忍びの衆』(森一生)☆☆★

わるいやつら』(野村芳太郎)☆☆☆
この映画を観たちょっと前に、あの三浦和義が再逮捕され、連日のようにロス疑惑当時の若き日の姿がテレビで流されていたこともあって、ついつい主人公(片岡孝夫)と重ね合わせてしまう(映画が作られたのと事件が起こったのが同じ頃なので雰囲気にも近いものがある)。女たらしで人殺しという共通点を持つ両者だが、冷酷さ、色悪ぶり、大物感、すべてにおいて三浦の圧勝。

『半熟売春 糸ひく愛汁』(池島ゆたか)☆☆

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(08.02)2 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる