To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS ’08上半期ベスト&ワースト(日本映画)

<<   作成日時 : 2008/07/12 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.『全然大丈夫』(藤田容介)
2.『歩いても歩いても』(是枝裕和)
3.『丘を越えて』(高橋伴明)
4.『連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』(若松孝二)
5.『ガチ☆ボーイ』(小泉徳宏)
6.『チーム・バチスタの栄光』(中村義洋)
7.『陰日向に咲く』(平川雄一郎)
8.『人妻のじかん 夫以外と寝る時』(松岡邦彦)
9.『ポストマン』(今井和久)
10.『居酒屋の女房 酔い濡れ巨乳』(国沢実)
次点『アフタースクール』(内田けんじ)、『魁!!男塾』(坂口拓)『不純な制服 悶えた太もも』(竹洞哲也)

かなりの豊作。例年だと無理してようやく10本だが、今年は楽々10本。
若松入魂の一作は、ズシリと重いだけでなく、ちゃんと観客ウケも計算した一級の娯楽作だが、あの事件の主要人物と大して年令の違わない『全然大丈夫』の彼らの、お気楽で穏やかな日常の、なんだかとっても楽しそうな感じのほうに惹かれてしまう。
下半期も、『クライマーズ・ハイ』(原田眞人)、『天国はまだ遠く』(長澤雅彦)<秋公開>と早くもベストテンクラスの作品が登場、かなり期待できそう。

ワーストテン
1.『KIDS』(荻島達也)
2.『ひぐらしのなく頃に』(及川中)
3.『あの空をおぼえてる』(冨樫森)
4.『リアル鬼ごっこ』(柴田一成)
5.『カンフーくん』(小田一成)
6.『ネガティブハッピー・チェーンソー・エッヂ』(北村拓司)
7.『隠し砦の三悪人』(樋口真嗣)
8.『奈緒子』(古厩智之)
9.『L Change the WorLd』(中田秀夫)
10.『ペルソナ』(樫原辰郎)
次点『神様のパズル』(三池崇史)

こっちもかなりの豊作。例年通りだが。

新作邦画鑑賞本数:46本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
’08上半期ベスト&ワースト(日本映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる