To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(08.03)2

<<   作成日時 : 2008/08/23 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のひとこと(03.31)
次長課長の河本が生放送中の相撲で骨折
たまたまテレビ見てたけど、これ、犯人は小川だよ。ヒザ入れてたもんw

今日のひとこと(03.30)
テレビで『タイムマシン』
駄作だけど、音楽だけが突出して素晴らしい。

今日のひとこと(03.29)
スワローズ連勝
ジャイアンツファンだけど、スワローズの意地には壮快、痛快なものがあった。この調子が続くとは思わないけど。

今日のひとこと(03.28)
映画タイトル(題字)のデザインで知られる「赤松陽構造」は「あかまつ・ひこぞう」と読むことを知る。読み方以前に、どこまでが苗字なのかもわからなかったし、さらにそれ以前に人名なのかどうかも知らんかった。

今日のひとこと(03.26)
マリーンズ、開幕2カードで3勝3敗
「移動日なしで北海道から九州」「相手は優勝争いをするであろうチーム」ということを考えれば、とりあえずは納得。しっかし、3、4月だけで、ホークスと9試合、ファイターズと8試合はキツすぎ。

今日のひとこと(03.23)
テレビで巨人vsレッドソックス観戦
Rソックスのナックルボーラーの球が、打者に投げるより牽制球の方が速いのが笑った。あの球じゃ頭に行っても危険球にならないなw

今日のひとこと(03.22)
浅草中映→浅草世界館とハシゴ
5本観て全部ハズレ。徒労感だけが残る。

今日のひとこと(03.21)
2ヶ月ほど前、近所の中古ビデオ屋で『メガフォース』を発見。以来、訪れる度に手に取り、買おうかどうか迷いつつ、結局棚に戻す、の繰り返し。200円なんだけどねー。悩むのヤだから、誰か買ってくれねーかなとも思うんだけど、そうなったらそうなったで、買わなかったことを後悔するのは目に見えてるし。

今日のひとこと(03.19)
オリンピックのボイコット
選手が可哀相なので反対。中国の非道さを世界に伝えたいなら、国家ではなくメディアがオリンピック関連の報道やテレビ中継をボイコットすればいい。

今日のひとこと(03.18)
アンソニー・ミンゲラ監督死去
特別好きな監督というわけではなかったが、流行にとらわれず風格のあるドラマを作る才は、今の時代では貴重だったと思う。

今日のひとこと(03.17)
『L change the WorLd』を観に新宿ジョイシネマ3へ
今まで気付かなかったけど、ここの劇場って入り口が自動ドアなんだね。映画館では珍しい。

今日のひとこと(03.16)
陽気が良かったので映画に行くのをやめて自転車で散策。綾瀬川沿いを北上して草加市まで。3時間弱で走行距離は22〜25キロぐらい。いい運動になった。


鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『ノーカントリー』(ジョエル&イーサン・コーエン)☆☆☆
理屈っぽい『AVP2』。シガーさんとクリーナーさんって同じだよな。//「冷や汗」はかかせてくれるけど「手に汗」を握らせてはくれなかったのが不満。

『4ヶ月、3週と2日』(クリスティアン・ムンジウ)☆☆☆★
奔走するヒロインの躍動感、彼女と中絶医(この役者すごい)の激しいやりとりの緊張感、ドキュメンタリー・タッチの社会派ドラマでありながら、サスペンス映画を観ているような気分。

『潜水服は蝶の夢を見る』(ジュリアン・シュナベール)☆☆☆
これだけ至れり尽くせりの医療をうけられるのは主人公がお金持ちだから?それともこれが『シッコ』でM・ムーアが絶賛していたフランスの医療制度の素晴らしさなのか?//『再会の街で』と同じで、「不幸な境遇における最高の幸せ」にはやっぱ感情移入しづらい。//『ミュンヘン』でR・ポランスキーそっくりだったM・アマルリックの妻役が、ホンモノのポランスキー妻なのは偶然か。

『デッド・サイレンス』(ジェームズ・ワン)☆☆★

『L change the worLd』(中田秀夫)☆☆
「何がFBIだ、日本人じゃねえか!」by諏訪太郎。その通りだと思います。

『明日への遺言』(小泉尭史)☆☆★
ハナっから主人公全肯定だもんなあ。立派な人間のしたことだから正しい、ってのは違うんじゃないの?彼が庇った部下たちの処遇、軽すぎないか?それでも凛とした態度には、単純かつお気楽に、男っぽいなあと思ったし、「本望である!」にはシビれたりもしたんだけど。//藤田まことの長台詞を喋るときのカット割りが不自然だった。セリフ覚えられなかったのか?

『グッド・シェパード』(ロバート・デニーロ)☆☆
ベテラン役者の重厚演技合戦は、撮る方、演じる方はやりがいがあって大満足だろうが、見る方にとっては動きも感情も乏しくて退屈なだけ。

『ヒッチャー』(デイヴ・メイヤーズ)☆☆★

『女囚・檻』(小沼勝)☆☆★
ロマンポルノをリアルタイムで観ていたのは、80年代前半から終焉までで、当時は山本奈津子とか赤坂麗あたりがお気に入りだったんだけど、今、時折その頃の作品を観ると、もう圧倒的に渡辺良子がイイ!

『発情妻 口いっぱいの欲情』(鈴木ハル)☆☆

『連続不倫U 姉妹相姦図』(福原彰)☆☆

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(08.03)2 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる