To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 告知・靖国ドキュメント『ラッパ保存会記録ビデオ 兵隊さんの軍隊ラッパ』上映会

<<   作成日時 : 2010/05/27 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

友人の撮った作品です。

「ラッパ保存会」という、軍隊ラッパの保存と認知を目的とした集団を中心に、主に休日の靖国神社に集う人々の姿を追ったドキュメンタリーです。

登場する人々の多くは戦争経験者なので、いわゆる強面の「右翼」の方は登場せず(右翼的思想の人はいますが)、普段の靖国神社の様子をまったく知らない者(私がそうです)にとっては拍子抜けするほど穏やかで、ちょっと風変わりな人々のまったりした様子には、おかしみと共に「癒し」さえ感じてしまうほどです。

過去2度の上映会(シネマアートン下北沢、UPLINKファクトリー)に続き、このたび3度目の上映がドキュメンタリー映画イベント「流浪の映像祭り 温故知新」にて行われることとなりました。
お時間ありましたら、ぜひお越し下さい。

日時
2010年6月19日(土)、14:00

場所
neoneo坐(地図はコチラ

料金
前売り:900円、当日:1000円

『ラッパ保存会記録ビデオ 兵隊さんの軍隊ラッパ』を含む「流浪の映像祭り 温故知新」の詳しい上映プログラムはコチラ


『ラッパ保存会記録ビデオ 兵隊さんの軍隊ラッパ』に登場する人々。

画像

戦後シベリアに抑留されるも仲間と共に脱走を敢行、仲間が次々と息絶える中、ひとり祖国に帰還した元陸軍伍長。当然、露助への恨みは深し。

画像

月に一度の晴れ姿。参道を行進するラッパ保存会。タクシー運転手じゃありません。

画像

ラッパ保存会会員(左=元陸軍兵)に声をかける謎の老人。バリバリの国粋主義者(元軍国少年)なのに、何故かいでたちは微妙にアメリカン。

その他、アキバと間違えて来ちゃったような軍服コスプレヲタを率いる元軍人、特攻隊員に選ばれたときの感激を語る特攻隊の生き残り等、魅力的な人々が登場。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
告知・靖国ドキュメント『ラッパ保存会記録ビデオ 兵隊さんの軍隊ラッパ』上映会 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる