To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉ロッテ・マリーンズ日本一!

<<   作成日時 : 2010/11/08 03:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

雑感

・中日の井端、吉見みたいな逆シリーズ男がひとりもいなかった(特に野手に)のが一番の勝因。特に打者に関してはチャンスで打席が回ってきた時に、みんなやってくれそうな雰囲気があった。

・でも、まさか岡田がヒーローになるとはさすがに思わなかった(レギュラーシーズンでは8番・岡田、9番・的場は、二人で一試合に1本ヒットがでれば上出来って感じだったから)。

・その岡田と清田、内がレギュラーシーズンからは考えられない活躍をしたことが二番目の勝因。今日の内は神ピッチングだった。

・里崎の体調が良くないのがわかってたのに、なんで中日は足で揺さぶらなかったんだろう。走れる選手がいないの?大島とか速そうに見えるけど。

・ネルソンは全然打てそうな気がしなかった。銃弾騒動がなければレギュラーシーズンに先発で二桁勝てたんじゃないか。一度でいいから俊介とネルソンのリリースポイント高低差日本一リレーが見たい。

・時々、俊介の投球より里崎の返球の方が速かったような気がする。

・テレビ中継のおかげで浅尾萌えの女子が急増したと思う。しかし救援4試合で投球回数が8回ってなんだよ。先発2回の吉見より投げてるじゃんか。

・試合中はベンチにどっしり構えているのに、負けると同時に自軍選手に言葉もかけずにさっさと引き上げる落合って人としてどーなの。ベンチ内の雰囲気の差も勝敗を分ける要因のひとつだな。

・マリーンズ外野陣の層の厚さにビビって、ドラフト一位の伊志嶺が入団拒否しないか心配だ。

・チームを強くするために一番手っ取り早い方法は、本拠地球場に他球場にない個性を持たせることだということに気付いた。

・テレビ中継の解説者はいまいち。清原とか金村は論外。ダルや野茂もあんまり気の利いたこと言えないし。ノムさんはさすがだったけど。理論のしっかりしている現役選手の解説が聞きたかった。城島、阿部、宮本あたり。

・当初放送予定の無かったラスト2試合、合計10時間以上を完全中継してくれたフジテレビには感謝。西村監督のインタビュー直前に放送終了したのも許す。余計なお世話だろうが、『バブルへGO!』は中止して後日放送にしたほうが良かったんじゃないの。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
千葉ロッテ・マリーンズ日本一! To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる