To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010ベスト&ワースト(外国映画)

<<   作成日時 : 2011/01/29 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ベスト20
1.『息もできない』(ヤン・イクチュン)
2.『君を想って海をゆく』(フィリップ・リオレ)
3.『フローズン・リバー』( コートニー・ハント)
4.『ゾンビランド』(ルーベン・フライシャー)
5.『月に囚われた男』(ダンカン・ジョーンズ)
6.『ハート・ロッカー』(キャスリン・ビグロー)
7.『シチリア!シチリア!』(ジュゼッペ・トルナトーレ)
8.『瞳の奥の秘密』(フアン・ホセ・カンパネラ)
9.『バッド・ルーテナント』(ヴェルナー・ヘルツォーク)
10.『ナイト&デイ』(ジェームズ・マンゴールド)

11.『終着駅 トルストイ最後の旅』(マイケル・ホフマン)
12.『プレシャス』(リー・ダニエルズ)
13.『ロビン・フッド』(リドリー・スコット)
14.『しあわせの隠れ場所』(ジョン・リー・ハンコック)
15.『マイ・ブラザー』(ジム・シェリダン)
16.『闇の列車、光の旅』(キャリー・ジョージ・フクナガ)
17.『TSUNAMI ツナミ』(ユン・ジェギュン)
18.『デザート・フラワー』(シェリー・ホーマン)
19.『ザ・ホード 死霊の大群』(ヤニック・ダアン、バンジャマン・ロシェ)
20.『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(デヴィッド・イエーツ)

気になる見逃し作品は『アイガー北壁』『ミックマック』『ソウ ザ・ファイナル 3D』『ファンボーイズ』

ワースト20
1.『ヤギと男と男と壁と』(グラント・ヘスロヴ)
2.『アリス・イン・ワンダーランド』(ティム・バートン)
3.『ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション』(ジョン・ハイアムス)
4.『シャーロック・ホームズ』(ガイ・リッチー)
5.『パラノーマル・アクティビティ』(オーレン・ペリ)
6.『50歳の恋愛白書』(レベッカ・ミラー)
7.『マッハ!弐』(トニー・ジャー、パンナー・リットグライ)
8.『かいじゅうたちのいるところ』(スパイク・ジョーンズ)
9.『オーケストラ!』(ラデュ・ミヘイレアニュ)
10.『アデル ファラオと復活の秘薬』(リュック・ベッソン)

11.『シェルター』(モンス・モーリンド、ビョルン・スタイン)
12.『シュレック フォーエバー』(マイク・ミッチェル)
13.『ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え』(ミミ・レダー)
14.『ジェニファーズ・ボディ』(カリン・クサマ)
15.『エルム街の悪夢』(サミュエル・ベイヤー)
16.『食べて、祈って、恋をして』(ライアン・マーフィー)
17.『エアベンダー』(M・ナイト・シャマラン)
18.『ボーダー』(ジョン・アヴネット)
19.『国家代表!?』(キム・ヨンファ)
20.『ウルフマン』(ジョー・ジョンストン)

期待ハズレ5
1.『エクスペンダブルズ』(シルベスター・スタローン)
2.『黒く濁る村』(カン・ウソク)
3.『ブルーノ』(ラリー・チャールズ)
4.『エリックを探して』(ケン・ローチ)
5.『マチェーテ』(ロバート・ロドリゲス)

決してダメな作品ではないけど、期待が大きすぎたせいで物足りなかった5本

新作洋画鑑賞本数:112本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アカデミー賞の効果は地方ですら抜群です。
「ブローバック・マウンテン」も地方ではゲイを描いた映画など当たらないのに、満員御礼。全国でコケた「グリーン・ディステニー」もウチではすごく遅れて公開になったところ、アカデミー賞の話題になってからの公開で大当たり。北陸の田舎でもこれだけの差が生まれていますから、都会はもっとでしょう。

アカデミー受賞と言うのは「よい脅迫」になります。
この映画を見ないと時代に遅れますよ、この映画を見ないと損をしますよと精神的に脅すと「大変だ!」とミニ行く人が多い。「アメリカ」の格付け会社が日本の国債のランクを落とすと大慌てするのと同じです。自分の基準を持たない人をどうするかというと心理的な揺さぶりをかけざるを得ない。
映画を好きな人間からすると「何言ってんだ」と思いますが、映画を盛り上げようとするのなら、この心理的な痛めつけはこれからも重要な戦略として必要でしょう。

問題はセザール賞とかではこの手が聞かないこと。
「真夜中のピアニスト」とかは傑作だったけど、セザール賞授賞式の一週間後に公開しても当たらず、客は一週間で数人。フランスもユニフランスがフランス映画祭をやっているんだったら、本国に働きかけて、やらせでいいから日本映画ノミネートで盛り上げるぐらいやって欲しいですね。
竹内です
2011/02/01 09:35
>アカデミー賞の効果は地方ですら抜群です。

そりゃ、受賞したり主要部門にノミネートされれば都会も田舎も関係なく影響はデカいよね。
でも、外国語映画賞の国家代表程度じゃさすがに客は呼べんでしょ(まったく無駄とも思わないけど)。
キルゴア二等兵
2011/02/02 00:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010ベスト&ワースト(外国映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる