To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(11.08)2

<<   作成日時 : 2012/01/02 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日のひとこと(08.31)
『夏の愛人 おいしい男の作り方』観賞
ポスターのあまりの手抜き感に愕然。ここまで経営が厳しいのか、エクセス。

今日のひとこと(08.30)
野田新首相
この人、声がいいよな。ジャック・バウアーの声帯模写とかできそうな感じ。バウアー・ネタをやる岸なんとかって芸人にもチョイ似だし。

今日のひとこと(08.29)その2
室伏広治
すげぇなあ。ハンマーを持つ手を最後まで離さないと、そのまま本人も飛んで行っちゃいそうな気がする。

今日のひとこと(08.29)
滝口順平死去
印象深いのはゲルト・フレーベかな。『ゴールドフィンガー』『素晴らしき飛行機野郎』『チキチキ・バンバン』、どれも字幕で観たら絶対物足りなさを感じると思う。10年程前からよく見かける脇役にティモシー・スポールって人がいるんだけど、いつもこの人の台詞は滝口順平の声に脳内変換しちゃうんだよなあ。

今日のひとこと(08.28)
「ALL TOGETHER」
震災復興支援のためのプロレス・オールスター戦。テレ朝の中継を見たがあまりにつまらないので、その後の日テレの中継は見ずに寝る。まったく戦いのない、単なる得意技の発表会。チャリティーだから和やかにってことなのか?

今日のひとこと(08.27)
折りたたみ式自転車
ネットを通じてまったく面識のない方からいただく。思ってたよりもずっと高級感があり、汚れ傷みもほとんどなく、タダでもらうことにかなりの申し訳なさを感じる。

今日のひとこと(08.25)
帰省2
実家はエアコンが3台も新調されていた。80の老夫婦二人暮しにエアコンが5台って・・・。一瞬、悪徳業者に騙されたのかと思ったが、そうではなく、単なる年寄りのワガママだった。

今日のひとこと(08.24)
帰省
最寄駅から千葉レインボーバスというのに乗るのだが、このバスの女性運転手が若くて美人。次の帰省も同じ時間のバスに乗ろう。

今日のひとこと(08.21)
綾瀬バッティングセンター
ゲームセンターCXにも登場した、駅から徒歩10分の大通りに面しているわけでもない地味な場所にあるバッティングセンター。久々に前を通ったら取り壊されて更地になっていた。四半世紀前に初めて見たときもすでに結構ボロかった記憶があるから、40年以上は営業していたのではなかろうか。

今日のひとこと(08.20)
日ハム
無失点の斎藤を5回78球で交代って、首脳陣甘やかしすぎじゃないの。

今日のひとこと(08.19)
修復
切れたビデオテープをセロテープで修復し、無事BDレコーダーにダビング。アドバイスを頂いたozaさんに感謝。

今日のひとこと(08.18)
朝ドラ
何気に見たら柄本時生と安藤さくらの二人芝居。やるな、NHK。でも朝からこの顔合わせは暑さ倍増だよ。

今日のひとこと(08.16)
猛暑
もう2週間ぐらい部屋の温度計が30度以下になってない(ちなみに今0時は32.5度)。東京が暑いのはエアコンのせいという説が本当なら、節電してる今年の夏がこんなに暑いはずないよな。


鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『ツリー・オブ・ライフ』(テレンス・マリック)☆☆★
社長さんかなんかの成功した男が、暗い顔して少年時代を回想するっていうシンプルな話を、なんで地球の成り立ちみたいな映像を入れて壮大かつ難解にするのか全然わからん。雰囲気(本人的には詩的)映像も90分の『天国の日々』なら効果的だが、138分もあると耐え難いかったるさ。ロン・ハワードとか全盛期のバリー・レビンソンが正攻法で120分以内にまとめてくれれば、きっと楽しめたと思う。
最後は主人公は死んじゃって(自殺?)、エレベーターは天国への階段で、あの世で家族と再会したってことでいいの?

予告編で大々的に流れてたスメタナの「わが祖国」が本編でも派手に使われてるのにはビックリした。アメリカではどうか知らんけど、日本ではさだまさしが詞を付けて歌っちゃうほど有名な曲なんで、あまりのベタさに軽く苦笑い。

『この愛のために撃て』(フレッド・カヴァイエ)☆☆☆☆
『すべて彼女のために』に続いての、妻を救うために夫ガンバル映画だが、こちらの方が予想外の事態が次々に起こり先がまったく読めない分面白い。これをたった85分に収めるというのは神技と言ってもいい。
主人公が妻を救うこと以外何も考えておらず、行動を共にする犯罪者との間に友情が芽生えることも、正義感を持つこともないのがいい。ルックスが地味などこにでもいるオッサンなのがさらにいい。

『ヒマラヤ 運命の山』(ヨゼフ・フィルスマイアー)☆☆★
回想で語られる少年〜青年期のヤンチャさに比べ、登山中の現在の主人公に面白味がないのは、生きるか死ぬかの状況にあっては人間的魅力を見せようがないためか。むしろ主人公と対立するベースキャンプの指揮官の方が屈折と功名心が入り混じった興味深い人間像を見せている。

40年前の登山の今とは比べものにならない軽装は、それ自体が大きなスリルを呼ぶ。

『シャンハイ』(ミカエル・ハフストローム)☆☆
とりあえずモノローグと夜の街があればハードボイルドになると勘違いしてるのか。舞台となる上海に魔力もない。

「租界」という言葉は今の時代ではもう通じないのでは?さり気なく説明を加えるなり、ウソになってもいいから判りやすい言葉(「統治区」とか)に代えるなりすべき。

『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(アダム・マッケイ)☆☆☆
ウザくてマヌケで微妙にキモくて無駄にガタイがいい、というウィル・フェレルの個性というか持ち味というかを堪能するには十分ではあるが、金融関係の犯罪というストーリーがどうにも理解できず、誰が一番のワルだったのかさえハッキリわからんかった。

主人公の愛車プリウスがさんざん笑いのネタにされるのだが、それだけプリウスがアメリカで認知され、イメージが定着しているってことで、これはかなりスゴいことではなかろうか。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!』(川村泰祐)☆☆☆
主人公・両津が幼馴染みと再会し恋心を抱くというのは、ありがちだが悪くはない。しかし、そこに幼馴染みの娘が誘拐され、警視庁全体を巻き込んだ大事件にまで発展してしまうと、一介の派出所警官でしかない主人公の事件への絡ませ方の強引さや細かい部分の不自然さが目立ってしまうし、喜劇からはなれて「こち亀」らしさも薄れてしまう。やはり地域密着にこだわり、借金取りに追われたり、アイスの当たり棒を偽造したりといった、土台となる主人公の日常から離れすぎないようにすべきではないだろうか。

亀有住民としては、亀有と浅草が徒歩圏内みたいに描かれてるのはちょっとアレだな。10キロ近く離れてるんだし、同じ区でもない(隣接さえしてない)んだから。
どこで撮っても構わないような夜の屋外シーン(誘拐犯が車で走るところとか)も、ちゃんと亀有とその近辺で撮っているのには感心。

画像

亀有公園の隅に建てられた派出所のオープンセット

画像

ラストに登場した誘拐犯のアジト(造船所)

『ナッシュビル』(ロバート・アルトマン)☆☆
21大スターとか言っても知ってるの4、5人程度だし。アルトマンの群像劇は『プレタポルテ』が華やかさでちょっと楽しめたぐらいで、あとはみんなつまんない。

『スプライス』(ヴィンチェンゾ・ナタリ)☆☆☆
劇中で「ドレン(人口生命体)1分は人間の1日に相当する」という台詞があったが、それだとドレンの1日は人間の約4年となり、ドレンの寿命が人間と同程度だとすると20日ほどで死んでしまうことになるのだが。

唐獅子警察』(中島貞夫)☆☆☆★

女番長 感化院脱走』(中島貞夫)☆☆★
少女たちのムチャさが身の丈を大幅に超えてしまってウソくさい。

囚われの淫獣』(友松直之)☆☆★
原案は友松監督のブログ(含コメント欄)、といってもあながち間違いではないだろう。友松自身は『ソウ』のような人形に姿を変え、若林美保演じる成人映画館従業員の台詞は山口真里の(言ったとされる)発言が元ネタ、倖田李梨演じる女性ピンク映画ファンのモデルは本人及び脚本家・百地優子、そしてその他の男性客は友松ブログ読者のすべてのピンク映画ファン。そういう内輪ウケ映画だから、この監督らしい露悪と(屁)理屈の面白さはあるものの、ストーリーに練りが足りないこともあって、友松ブログを読んでない者には何が言いたいんだかおそらくサッパリ伝わらないだろう。

夏の愛人 おいしい男の作り方』(工藤雅典)☆☆★
これで、震災後の「いま」を描いたつもりになられても困る。

淫行病棟 乱れ泣く白衣』(清水大敬)☆☆★
勧善懲悪ドラマなのに、作り手が悪党に肩入れしすぎてバランスが崩れてしまった。それでも過去と現在を巧みに交差させる構成とスピーディかつパワフルな演出は、60分もたせるのがやっとな最近のピンク映画では味わえない濃厚さがある。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら、あけましておめでとう。
毎回痛快な文章が楽しみで、今や毎日のように読んでいます。これからもよろしく。
ところでエクセスのウエブサイトが凄まじい乱れようですね。ポスターの件も含めて会社の危機が伝わってきます。松岡邦彦さんだけが気を吐いているというのも凄いですが・・。
竹内です
2012/01/03 07:23
>竹内です様

本年もよろしくお願いします。

エクセスに関しては、ひょっとしたら経営陣もさっさと会社を畳んじゃいたいと思ってるんじゃないでしょうか。
もし潰れたら、これまでの作品(4〜500本ぐらい?)がどうなるかが心配です。
キルゴア二等兵
2012/01/04 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(11.08)2 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる