To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012外国映画ベストテン

<<   作成日時 : 2013/01/14 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベスト10
1.『最強のふたり』(エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ)
2.『アーティスト』(ミシェル・アザナヴィシウス)
3.『ファミリー・ツリー』(アレキサンダー・ペイン)
4.『ヤング≒アダルト』(ジェイソン・ライトマン)
5.『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』(デヴィッド・フランケル)
6.『WIN WIN ウィン ウィン ダメ男とダメ少年の最高の日々』(トム・マッカーシー)
7.『ミッドナイト・イン・パリ』(ウディ・アレン)
8.『エクスペンタブルズ2』(サイモン・ウエスト)
9.『サニー 永遠の仲間たち』(カン・ヒョンチョル)
10.『我らの生活』(ダニエレ・ルケッティ)

11〜20
11.『007 スカイフォール』(サム・メンデス)
12.『マリリン7日間の恋』(サイモン・カーティス)
13.『コーマン帝国』(アレックス・ステイプルトン)
14.『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(テイト・テイラー)
15.『レ・ミゼラブル』(トム・フーパー)
16.『メン・イン・ブラック3』(バリー・ソネンフェルド)
17.『ドリームハウス』(ジム・シェリダン)
18.『ダークナイト ライジング』(クリストファー・ノーラン)
19.『ロックアウト』(ジェームズ・マザー)
20.『マイウェイ 12,000キロの真実』(カン・ジェギュ)

次点:『少年と自転車』(タルデンヌ兄弟)、『ボーン・レガシー』(トニー・ギルロイ)『エージェント・マロリー』(スティーヴン・ソダーバーグ)『アメイジング・スパイダーマン』(マーク・ウェブ)『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(ラリー・チャールズ)

年々刺激とか苦味に弱くなっているような気がして自己嫌悪。

気になる見逃し作品は『人生はビギナーズ』(マイク・ミルズ)『キリマンジャロの雪』(ロベール・ゲディギャン)『ベルフラワー』(エヴァン・グローデル)『ムカデ人間2』(トム・シックス)『ローマ法王の休日』(ナンニ・モレッティ)『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』(パオロ・ソレンティーノ)『わたしたちの宣戦布告』(ヴァレリー・ドンゼッリ)『思秋期』(パディ・コンシダイン)『桃さんのしあわせ』(アン・ホイ)

ワースト10
1.『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーンPart1』(ビル・コンドン)
2.『タイタンの逆襲』(ジョナサン・リーベスマン)
3.『ダーク・シャドウ』(ティム・バートン)
4.『コナン・ザ・バーバリアン』(マーカス・ニスペル)
5.『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』(ガイ・リッチー)
6.『テイク・シェルター』(ジェフ・ニコルズ)
7.『パーフェクト・センス』(デヴィッド・マッケンジー)
8.『声をかくす人』(ロバート・レッドフォード)
9.『ジェーン・エア』(キャリー・ジョージ・フクナガ)
10.『ジョン・カーター』(アンドリュー・スタントン)

11〜20
11.『SHAME シェイム』(スティーヴ・マックィーン)
12.『アニマル・キングダム』(デイヴィッド・ミショッド)
13.『推理作家ポー 最期の5日間』(ジェームズ・マクティーグ)
14.『人生の特等席』( ロバート・ロレンツ)
15.『アイアン・スカイ』(ティモ・ヴオレンソラ)
16.『アポロ18』(ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ)
17.『ものすごくうるさくて、ありえないくらい近い』(スティーヴン・ダルトリー)
18.『アベンジャーズ』(ジョス・ウェドン)
19.『ジャックとジル』(デニス・デューガン)
20.『きっとここが帰る場所』(パオロ・ソレンティーノ)

嫌いな映画ベスト3は、『ものすごくうるさくて、ありえないくらい近い』、『きっとここが帰る場所』、『人生の特等席』。
期待外れベスト5は、『アベンジャーズ』、『アニマル・キングダム』、『アイアン・スカイ』、『ザ・レイド』、『プロメテウス』(好きだけど)

新作映画鑑賞本数:126本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012外国映画ベストテン To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる