To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS ピンク大賞がなくなったので・・・、

<<   作成日時 : 2013/01/28 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ピンク大賞と同じ方式で私の鑑賞作品の採点と個人賞を記しておきます。

鑑賞作品採点

オーピー映画

『痴漢電車 ゆれ濡れる桜貝』(後藤大輔) 1点
『人妻の恥臭 ぬめる股ぐら』(山ア邦紀)  1点  
『義父の求愛 やわ肌を這う舌』(竹洞哲也)  1点
『変態女課長 陵辱ぶち込む』(国沢実)  7点
『どスケベ検査 ナース爆乳責め』(加藤義一)  1点
『いんび巫女 快感エロ修行』(渡邊元嗣)  1点
『美熟女の昼下り もっと、みだらに』(荒木太郎)  1点
『人妻家政婦 うずきにおぼれて』(竹洞哲也)  1点
『人妻娼婦 もっと恥ずかしめて』(池島ゆたか)  1点
『SEXファイル むさぼり肉体潜入』(浜野佐知)  1点
『若未亡人 うるむ肉壺』(関根和美)  1点
『感じる若妻の甘い蜜』(田中康文)  4点
『抱きたい人妻 こすれる感触』(吉行由実)  8点
『セクシー変化 たまらない生尻』(渡邊元嗣)  1点
『さみしい未亡人 なぐさめの悶え』(荒木太郎)  8点
『SEXカウンセラー 変態えぐり治療』(国沢実)  1点
『ホテトル嬢 悦楽とろけ乳』(池島ゆたか)  1点
『巨乳理髪店 乱れ揉みくちゃ』(清水大敬)  7点
『おねだり狂艶 色情ゆうれい』(渡邊元嗣)  4点
『淫蕩告白 兄嫁の濡れた午後』(竹洞哲也)  1点
『異常飼育 ワイセツ乱交』(山ア邦紀)  1点
『新婚妻の性欲 求める白い肌』(吉行由実)  1点
『熟妻と愛人 絶妙すけべ舌』(後藤大輔)  4点
『発情バスガイド おしゃぶり巨乳』(清水大敬)  4点

新東宝映画
『おんな浮世絵師』(藤原健一)  1点
『女囚701号さそり外伝 第41雑居房』(藤原健一)  1点

Xces Film
『つわものどもの夢のあと 剥き出しセックス そして・・・性愛』(松岡邦彦)  1点

ゲイ・ポルノ
『愛いろいろ -lovely family-』(池島ゆたか)  1点

鑑賞本数:28本

個人賞(対象作品)
監督:荒木太郎(『さみしい未亡人 なぐさめの悶え』)

脚本:吉行由実(『抱きたい人妻 こすれる感触』)

女優:稲葉良子(『さみしい未亡人 なぐさめの悶え』)、管野しずか(『感じる若妻の甘い蜜』)

男優:久保田泰也(『抱きたい人妻 こすれる感触』)、池島ゆたか (『熟妻と愛人 絶妙すけべ舌』)

新人女優:愛純彩(『変態女課長 陵辱ぶち込む』)、愛田奈々(『さみしい未亡人 なぐさめの悶え』)

技術:與語一平(『SEXカウンセラー 変態えぐり治療』)

特別賞:該当者なし

総評
『色恋沙汰貞子』というピンク映画史に名を残す傑作があった2011年に較べれば物足りないが、まずまずの一年(公開本数100本を割ってからの低迷時代の中ではだが)だったのでは。
近年影が薄かった荒木太郎、吉行由実、国沢実といった90年代後半にデビューした、いわゆる「大蔵ヌーベルバーグ」の監督たちが揃って健在振りを示したのが嬉しい。一方、彼らより一世代下の加藤義一、竹洞哲也はパッとしなかった。デビュー以来コンスタントに撮り続けた加藤だが12年は2本のみ。ひょっとして『どスケベ検査 ナース爆乳責め』でやらかしちゃってから?竹洞はそろそろお友達に囲まれての映画作りをやめるべきでは。

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもです。いつもながらの辛い点数、頭が下がります。
しかし、浅草がなくなって、ギルゴアさんには寂しいものになりましたね。
キネマ怪人カマニア
URL
2013/01/29 21:11
>いつもながらの辛い点数

私は自分が特別辛いとは少しも思っていません。

ピンク大賞で8点以上を連発してる人がいるけど、そういう人はピンク映画しか観ていないか、あるいはピンクなんだからこの程度も十分という逆差別的な観方をしているかのどちらかでしょう。
本当にそんなに優れた作品が多いならもっと映画ファンが目を向けるし、一般映画に進出する監督も出るはずです。

>浅草がなくなって

今後は飯田橋くららですね。
新作3本で900円なら環境悪くても我慢できるでしょ。
キルゴア二等兵
2013/01/30 00:25
そういえば、本当ならピンク大賞の選考時期でしたネ。
私も昨年度は何とか鑑賞本数20本という体たらくですが、心に引っ掛かる作品が少なかったです。
>飯田橋くらら
知人が近くに住んでる関係で、今年からまたギンレイホール会員になったので、くららにも行くかも知れません。ビデオ映写はともかく、場内の雰囲気はどうなのでしょうか…?。
林 与志侍
2013/01/30 18:16
>知人が近くに住んでる

あのあたりに家があるなんて羨ましいねー。
集合住宅?それとも古くから一戸建てに住んでるの?

>場内の雰囲気

世間で言われている通りだけど、平日の朝イチの回(10時半ごろ)なら人も少なくてそれほどヒドくはないかな。
でもさ、そういう環境に立ち向かうことも含めて「ピンク映画ファン」じゃないのかな。
以前、あるピンクファンが某劇場について「あそこは自分にはハードルが高すぎて行けない」みたいなことをネット上に書いてたけど、そんなんハードルが高いんじゃなくてそいつの跳躍力が足りないだけ、観たい映画があるなら四の五の言わずに観ろ、ですよ。
なんか関係ない話になっちゃったね。申し訳ない。
キルゴア二等兵
2013/01/31 00:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ピンク大賞がなくなったので・・・、 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる