To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013:外国映画ベストテン・ワーストテン

<<   作成日時 : 2014/01/20 04:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン

1.『テッド』(セス・マクファーレン)
2.『シュガー・ラッシュ』(リッチ・ムーア)
3.『クロニクル』(ジョシュ・トランク)
4.『ゼロ・ダーク・サーティ』(キャスリーン・ビグロー)
5.『フライト』(ロバート・ゼメキス)
6.『悪いやつら』(ユン・ジョンビン)
7.『ラストスタンド』(キム・ジウン)
8.『キャプテン・フィリップス』(ポール・グリーングラス)
9.『ゼロ・グラビティ』(アルフォンソ・キャロン)
10.『君と歩く世界』(ジャック・オディアール)

11.『鑑定士と顔のない依頼人』(ジュゼッペ・トルナトーレ)
12.『きっと、うまくいく』(ラージクマール・ヒラニ)
13.『パシフィック・リム』(ギレルモ・デル・トロ)
14.『G.I.ジョー バック2リベンジ』(ジョン・M・チュウ)
15.『クラウド・アトラス』(ラナ&アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ)
16.『よりよき人生』(セドリック・カーン)
17.『ウェア 破滅』(ウィリアム・ブレント・ベル)
18.『L.A. ギャング ストーリー』(ルーベン・フライシャー)
19.『エンド・オブ・ウォッチ』(デヴィッド・エアー)
20.『女っ気なし』(ギョーム・ブラック)
次点.『エビデンス 全滅』(オラトゥンデ・オスンサンミ)、『REDリターンズ』(ディーン・パリソット)

ワーストテン
1.『リンカーン』(スティブン・スピルバーグ)
2.『死霊のはらわた』(フェデ・アルバレス)
3.『モネ・ゲーム』(マイケル・ホフマン)
4.『31年目の夫婦げんか』(デヴィッド・フランケル)
5.『ロード・オブ・セイラム』(ロブ・ゾンビ)
6.『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』(レスリー・ヘッドランド)
7.『アップサイドダウン 重力の恋人』(フアン・ソラナス)
8.『トゥ・ザ・ワンダー』(テレンス・マリック)
9.『グランド・マスター』(ウォン・カーウァイ)
10.『アフター・アース』(M・ナイト・シャマラン)

11.『天使の分け前』(ケン・ローチ)
12.『トランス』(ダニー・ボイル)
13.『レッド・ドーン』(ダン・ブラッドリー)
14.『ランナウェイ 逃亡者』(ロバート・レッドフォード)
15.『ダイ・ハード ラスト・デイ』(ジョン・ムーア)
16.『バーニー みんなが愛した殺人者』(リチャード・リンクレイター)
17.『ハートレス』(フィリップ・リドリー)
18.『グリフィン家のウエディング・ノート』(ジャスティン・ザッカム)
19.『愛、アムール』(ミヒャエル・ハネケ)
20.『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(ジム・ジャームッシュ)
次点.『コズモポリス』(デヴィッド・クロネンバーグ)、『ウォーキングwithダイナソー』(バリー・クック、ニール・ナイチンゲイル)

気になる見逃し作品は、『海と大陸』(エマヌエーレ・クリアレーゼ)、『セデック・パレ』(ウェイ・ダーション)、『ザ・パック 餌になる女』(フランク・リシャール)、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』(デレク・シアンフランス)、『バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所』(ピーター・ストリックランド)、『ルノワール 陽だまりの裸婦』(ジル・ブルドス)

一年のうちにスタローン、シュワ、ウィリスの主演映画がそろって公開されるのは、ひょっとして21世紀初めて?

きりがないのでヒューマントラストシネマ渋谷とかでやった短期上映作品はワーストからは除外。

新作鑑賞本数:149本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2013:外国映画ベストテン・ワーストテン To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる