To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のひとこと総集編+映画星取り(13.10)1

<<   作成日時 : 2014/02/03 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のひとこと(10.14)
マリーンズ
TOHOシネマズのサービスデイだったので昼から西新井のシネコンで2本、その後併設されてるヨーカドーに行ったらライオンズの応援歌が切れ目なく流れてたんでてっきり負けたと思ってたが、まさかの勝利。あと最低でも3試合は楽しめる。

今日のひとこと(10.13)
マリーンズ
終戦かなあ。もし明日勝てたとしてもファイナルステージの先発が全然足りないし。

今日のひとこと(10.12)
スコット・カーペンター死去
『ライトスタッフ』の宇宙飛行士。これでマーキュリー計画の7人の宇宙飛行士で存命なのはジョン・グレンだけに。

今日のひとこと(10.04)
マリーンズ
Aクラス確定でとりあえずひと安心。元々の戦力がパ・リーグ最低の上、故障者、不調者続出の中この成績は奇跡に近い。CSはボロ負けだろうけど、ここまでやってくれれば十分満足。

今日のひとこと(10.03)
前田智徳引退
清原とか金本の「漢」っぷりは半分営業用だけど、この人は本物だったなあ。

今日のひとこと(10.01)
『地獄でなぜ悪い』鑑賞
星野源が誰かに似てると思いつつも誰だかわからずイライラしてたのだが、ヤクザに殴られて白目をむく場面で誰だか判った。国沢実だ。役柄も国沢映画の主人公と被るし。


鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『アップサイドダウン 重力の恋人』(フアン・ソラナス)☆☆
設定も描写も適当すぎて呆気に取られる。ファンタジーではあっても舞台はおとぎの国ではなく、魔法も怪物もいない文明社会なんだから、もっと理論や常識にこだわらなければダメだろう。
ビジュアル・センスに長けているわけでもなく、話もありがちな障害に立ち向かう男女の恋愛もので、ツッコミどころを探すぐらいしか楽しむとこがない。

『ロード・オブ・セイラム』(ロブ・ゾンビ)☆☆
目指したであろう70年代のオカルト・ホラーの雰囲気を巧く再現している点は認めるが、テンポが遅くメリハリに欠けるところまで真似してどうする、って感じ。
ヒロインをもっと積極的に行動させるか、あるいはもっととことん追いつめてボロボロにすべきだった。

『ウォーム・ボディーズ』(ジョナサン・レヴィン)☆☆★
まず、ゾンビよりタチの悪い化け物を出して、ゾンビを相対的に人間寄り(善)にするという手段が姑息すぎるし、人間とゾンビの恋を成り立たせるためのご都合主義が目立ちすぎるのもシラける。結局、二枚目ならゾンビでも何でも全然OKってところも腹立たしい。

主人公のゾンビ青年の友人ゾンビの控えめな善人ぶりには好感。

『ランナウェイ 逃亡者』(ロバート・レッドフォード)☆☆★
主人公の元過激派を演じるレッドフォードのエエカッコしいとウソ臭い清廉ぶりが、作品を社会派ドラマとしては薄っぺら、ミステリーとしては先が読めすぎの残念なものにしてしまった。もう少し若くて(70半ばにして11才の子<孫かと思った>を持つ60才という「ハリウッドの小百合」ぶりは、もう笑うしかない)、清濁併せ持った人物像を出せる役者(トミー・リー・ジョーンズとかジェフ・ブリッジス)が演じれば違った出来になったと思う。

『エビデンス 全滅』(オラトゥンデ・オスサンミ)☆☆☆★
世評は悪かったが個人的には大好きな『フォース・カインド』の監督の新作だけに期待が大きかったが、冒頭で殺戮現場に駆けつけた警察を様々な角度からバレット・タイム撮影で捉えて異様な迫力を生み出し、まずは掴みはOKという感じ。その後場面は、捜査チームが現場に残されたビデオテープを検証するオフィスに移るが、ここでもテンポ良く話が進み快調、この先なにを見せてくれるのか期待が膨らむ。
ところがそこから再生されたビデオ映像がメインとなってくると、無駄が多くてもたつき気味な上、撮影者が自称ドキュメンタリー監督なくせに撮影が下手くそで見づらく(狙いだろうが)、中身の薄さを誤魔化そうとしているかのように見えてしまう。しかし終盤に入って怒涛の展開を見せ、犯人が明らかになるくだりでは、その意外性と共にケレン味あふれる鮮烈な演出、編集(ちょっと『ユージュアル・サスペクツ』を思わせる)に驚愕させられた。

正直、あとから考えると相当ムリがある(警察がどの程度ビデオを復元できるかや隠されたSDカードにどのタイミングで気付くかなどは犯人にわかるはずがない)ことに気付くが、観ている間はそこを気にさせないのは演出の巧さだろう。

『レッド・ドーン』(ダン・ブラッドリー)☆☆
封切り時に観たオリジナル版のことはもうすっかり忘れてしまったが、今の時代にこの話は、宇宙人が襲来したり、猿に支配されたりするのと同じくらいのあり得なさで、これにリアリティを持たせるにはかなり工夫が必要なところだが、作り手は呆れかえるほどそういうことに無頓着。主人公ら逃げ延びた高校生はネット、テレビ、ラジオ等で情報収集することもなく、ケータイはネットどころか通話にさえ使わず、なのに敵の様子を撮影するのには使うといういい加減さで、ひたすら古典的なゲリラ戦を展開するのみ。ただの高校生が地の利があるにせよ軍隊相手に互角以上の戦いを行うあたりも、彼らの多くがホラー映画で真っ先に殺されるようなルックスなせいもありまったく説得力に欠ける。

北朝鮮と結託してアメリカ制圧を目論むのがロシアなのは、今やハリウッドにとって自国に次ぐマーケットとなっている中国は敵にできないということか。

『トランス』(ダニー・ボイル)☆☆
技巧に走り、刺激を与えることばかりに気を取られ、キャラクターやディテールの描写を疎かにしているような気がした。あと、この監督の作品っていつも、もう少しユーモアのセンスがあればなあ、と思ってしまう。

これを言っちゃあお終いなのかも知れないが、なんで警察が事件の捜査をしないの?普通なら主人公とかしっかりマークするでしょ。

『フローズン・グラウンド』(スコット・ウォーカー)☆☆★
犯人の人物像や犯行の一部始終も追う警察の捜査活動も共に描写に丹念さを欠くために実話の重みが感じられないし、かといってサイコサスペンスとしての単純な面白さもない。
ジョン・キューザックの無表情もアラスカの凍てつく風景も活かしきれず。

『許されざる者』(李相日)☆☆☆
オリジナルもあまり好きじゃなかったが、このリメイクも話にそんなに違いがあるわけでもなく(よく憶えてないけど)やっぱイマイチだった。
イーストウッドにしろナベケンにしろカッコイイ奴はなにをやってもかっこ良く、ヒーローの座が揺らぐこともないんだから、観客にとっては決して「許されざる者」になど成り得ない。

で、個人的に最も「許されざる者」だと思ったのは、怒りにまかせた行動で村に惨劇を招いた娼婦のリーダー格、小池栄子とイイ子ぶって事のあらましについてや自身の考えを一切口にしない忽那汐里だった。チンコの小ささを笑ったぐらいで顔を斬るのがやりすぎなら、その復讐で殺すのはもっとやりすぎだ。
こういう復讐の倍返しが取り返しのつかない悲劇を生み出してしまうことを、もっと突き詰めてほしかった。

あと、あんな地の果ての村の娼婦が、賞金稼ぎが「この金で人生をやり直すんだ」と言うほどの大金を用意できるのっておかしくないか?

『地獄でなぜ悪い』(園子温)☆☆★
テンションの高さと血糊の量で話のつまらなさと中身のなさを誤魔化しているだけにしか見えない。全然笑えないし。もちろん映画愛なんてものも、これっぽちも感じない。
ひょっとしたらこれって、監督が原発ノイローゼから脱するために作ったリハビリ映画?

だいたいこういう映画は、金はないけど自由はある若い監督が撮るべきものだろう。それをシネコンで上映するために有名どこの役者を揃え、レイティングを気にしてハダカは出さず、暴力からはリアリティを消し去り、ではどうしようもない。
劇中の映画青年の叫びがこちらの心に響いてこないのは、彼がどうしようもないバカだからというだけでは決してなく、園子温自身が彼に糾弾される側の人間になってしまったからではなかろうか。

『甘い鞭』(石井隆)☆☆☆
32才のヒロインの、女医をしながら裏でSM嬢もこなしている現在と、長期に渡り監禁暴行された少女時代を交互に描いた物語は、事件によって崩壊した家庭とか、現在も残っているであろうトラウマといったものにはほとんど目もくれず、彼女の心情も全てモノローグ(壇蜜本人の声じゃないのは、あのアニメ声に問題アリと判断したからか)で済ませ、とにかくエロだけに特化した作りの潔さが素晴らしい。出てくるエロはレイプとSMのみながら、状況やプレイ内容に変化が富んでいて飽きさせない。

『謝罪の王様』(水田伸生)☆☆☆★
謝罪士という実在しない職業を観客に納得させるために必要なディテールの描写が足りず、可笑しさよりもバカバカしさが先に立ってしまう部分も少なくないが、主人公に寄せられる相談、依頼はなるほどと思うものから突飛なものまでバラエティに富み、それらが様々な形で繋がっている構成の巧みさや、依頼人たちの愛すべきダメ人間ぶりにはさすがクドカンと思わせる。
後半になってスケールが冗談みたいに大きくなると、主人公が謝罪士であることも彼が立てる戦略もあまり意味がなくなってしまうが、面白いからまあいいかと。

嵐電の町、ひと模様』(※)☆☆☆
立命館大学映像学科の生徒たちが中島貞夫の指導の下で作った三話オムニバス自主映画。なぜかMOVIX亀有で無料上映会が行われた。

自主映画といっても授業の一環で作られただけあって、好き勝手にカメラを回したようなものではなく技術的にはしっかりしたものとなっており、有名俳優が出演していたらプロが作った低予算映画と区別が付かないかも。
いい意味での軽さがないのも授業だからか。三つのうちひとつくらいバカをやらかすようなものがあっても良かったと思う。

(※)チラシには監督名が記されておらず、ネットで調べても判らなかった。

『R100』(松本人志)☆☆☆★
同じパターンを手を換え品を換え何度も繰り返すというお笑い番組ノリは前三作と同じだが、今回は主人公の日常がきちんと描かれているので、それが次々と現れるSM嬢によって徐々に破壊され窮地に陥っていく様がサスペンスを生んでいる。異様な光景をコケおどしに走ることなく見せる演出にも力があった。
しかし、これを突然、100歳の監督が撮った劇中映画にして二重構造にすることには強い疑問を感じる。破綻していく劇中映画に対するツッコミを、観客の先回りをして劇中のプロデューサーに言わせることに一体何の意味があるのか。
そこから更に物語をヒネって驚かせてくれればそれも構わないが、結局は投げっぱなしのまま終わっちゃうし。惜しい。


クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日のひとこと総集編+映画星取り(13.10)1 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる