To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年上半期ベスト&ワースト(外国映画)

<<   作成日時 : 2015/07/07 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョージ・ミラー)
2.『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』(モルテン・ティルドゥム)
3.『君が生きた証』(ウィリアム・H・メイシー)
4.『国際市場で逢いましょう』(ユン・ジェギュン)
5.『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(ジョン・ファヴロー)
6.『激戦 ハート・オブ・ファイト』(ダンテ・ラム)
7.『フェデリコという不思議な存在』(エットレ・スコーラ)
8.『トラッシュ! この街が輝く日まで』(スティーヴン・ダルドリー)
9.『はじまりのうた』(ジョン・カーニー)
10.『博士と彼女のセオリー 』(ジェームズ・マーシュ)
次点.『ブルー・リベンジ』(ジェレミー・ソルニエ)、『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(ジェマイン・クレメント、タイカ・ワイティティ)、『おみおくりの作法』(ウベルト・パゾリーニ)、『ラン・オールナイト』(ジャウマ・コレット=セラ)、『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』(リナ・プリオプリテ)

ベストテン・クラスの作品は多かったけど、ベストテン上位に入れたい作品は案外少なく、年間ベストワンでもいいと思える作品はなかった。

ワーストテン
1.『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(サム・テイラー=ジョンソン)
2.『ゼロの未来』(テリー・ギリアム)
3.『ザ・レジェンド』(ニコラス・パウエル)
4.『マッド・ナース』(ダグ・アーニオコスキー)
5.『ロスト・リバー』(ライアン・ゴズリング)
6.『カフェ・ド・フロール』(ジャン=マルク・ヴァレ)
7.『マッド・ガンズ』(ジェイク・パルトロー)
8.『クラウン』(ジョン・ワッツ)
9.『追憶と、踊りながら』(ホン・カウ)
10.『シグナル』(ウィリアム・ユーバンク)
次点.『アリスのままで』(リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド)、『インヒアレント・ヴァイス』(ポール・トーマス・アンダーソン)、『トゥモローランド』(ブラッド・バード)

「未体験ゾーンの映画たち」でつかまされたクソ映画はいちいち挙げても仕方ないってことで。

新作鑑賞本数:85本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2015年上半期ベスト&ワースト(外国映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる