To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017上半期ベスト&ワースト(日本映画)

<<   作成日時 : 2017/07/24 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.『帝一の國』(永井聡)
2.『22年目の告白 私が殺人者です』(入江悠)
3.『ろくでなし』(奥田庸介)
4.『家族はつらいよ2』(山田洋次)
5.『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(小林聖太郎)
6.『いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)』(深川栄洋)
7.『ホワイト・リリー』(中田秀夫)
8.『3月のライオン 前編』(大友啓史)
9.『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』(橋本昌和)
10.『』()

10本選べなかった。
『方舟の女たち』(城定秀夫)が今年の公開作だったら5、6位あたりなんだけど。

ワーストテン
1.『アンチポルノ』(園子温)
2.『島々清しゃ』(新藤風)
3.『海辺のリア』(小林政広)
4.『ひるね姫 知らないワタシの物語』(神山健治)
5.『新宿スワンU』(園子温)
6.『本能寺ホテル』(鈴木雅之)
7.『PARKS パークス』(瀬田なつき)
8.『彼らが本気で編むときは、』(荻上直子)
9.『夜は短し歩けよ乙女』(湯浅政明)
10.『花戦さ』(篠原哲雄)
次点.『東京ウィンドオーケストラ』(坂下雄一郎)

新作鑑賞本数:50本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2017上半期ベスト&ワースト(日本映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる