平成映画ベスト30(日本映画)

1.『サマー・タイムマシン・ブルース』(本広克行)'05
2.『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!おとな帝国の逆襲』(原恵一)'01
3.『僕らはみんな生きている』( 滝田洋二郎)'93
4.『カンゾー先生』(今村昌平)'98
5.『キツツキと雨』(沖田修一)'12
6.『福福荘の福ちゃん』(藤田容介)'14
7.『下妻物語』(中島哲也)'04
8.『歩いても歩いても』(是枝裕和)'08
9.『横道世之介』(沖田修一)'13
10.『キッズ・リターン』(北野武)'96

11.『鉄拳』(阪本順治)'90
12.『シン・ゴジラ』(庵野秀明、樋口真嗣)'16
13.『ヨコハマメリー』(中村高寛)'06
14.『全然大丈夫』(藤田容介)'08
15.『突入せよ!「あさま山荘」事件』(原田眞人)'02
16.『婚前特急』(前田弘二)'11
17.『学校の怪談』(平山秀幸)'95
18.『愛を乞うひと』(平山秀幸)'98
19.『GO』(行定勲)'01
20.『ガメラ 大怪獣空中決戦』(金子修介)'95

21.『帝一の國』(永井聡)'17
22.『告白』(中島哲也)'10
23.『凶悪』(白石和彌)'13
24.『橋のない川』(東陽一)'92
25.『どついたるねん』(阪本順治)'89
26.『勝手にふるえてろ』(大九明子)'17
27.『ゴジラVSキングギドラ』(大森一樹)'91
28.『シコふんじゃった。』(周防正行)'92
29.『テルマエ・ロマエ』(武内英樹)'12
30.『誰も知らない』(是枝裕和)'04

惜しくもはみ出た5本
『午後の遺言状』(新藤兼人)'95
『クイール』(崔洋一)'03
『しゃべれども しゃべれども』(平山秀幸)'07
『十三人の刺客』(三池崇史)'10
『冷たい熱帯魚』(園子温)'11

平成日本映画鑑賞本数:たぶん2600~2700本

ATGやロマンポルノの消滅と共に「熱」や「骨」や「毒」もずいぶんと失せてしまった30年、でも、ここに選んだ30(+5)本の大半には代わりに「笑」と「情」が多かれ少なかれ含まれていて、加齢によって弱まる一方のこちらの心身に合わせるかのように、口当たりが柔らかくなってくれたのは有難い。

ピンク映画ベスト20
1.『痴漢電車人妻篇 奥様は痴女』(サトウトシキ)'94
2.『色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ…』(山内大輔)'10
3.『刺青淫婦 つるむ』(松岡邦彦)'05
4.『アナーキー・イン・じゃぱんすけ 見られてイク女』(瀬々敬久)'99
5.『不倫日記 濡れたままもう一度』(サトウトシキ)'96
6.『人妻のじかん 夫以外と寝る時』(松岡邦彦)'08
7.『世界で一番美しいメス豚ちゃん』(城定秀夫)'18
8.『性感極秘マッサージ 全身愛撫』(佐野和宏)'93
9.『連続ONANIE 乱れっぱなし』(上野俊哉)'94
10.『悩殺若女将 色っぽい腰つき』(竹洞哲也)'06

11.『わいせつ性楽園 おじさまと私』(友松直之)'09
12.『ハレンチ・ファミリー 寝技で一発』(女池充)'02
13.『ほんとうの空色』(柴原光)'92
14.『ノーパン妻 週末は不倫狂い』(国沢実)'99
15.『老人とラブドール 私が初潮になった時』(友松直之)'09
16.『愛欲みだれ妻』(今岡信治)'99
17.『淫行タクシー ひわいな女たち』(関根和美)'00
18.『ド・有頂天ラブホテル 今夜も、満員御礼』(松岡邦彦)'06
19.『若菜瀬奈 恥じらいの性』(柴原光)'99
20.『制服美少女 先生あたしを抱いて』(高原秀和)'04

平成ピンク映画鑑賞本数:たぶん1300~1400本

AVの登場によって80年代半ばから制作会社の撤退と共に本数も減る一方(80年代初頭は約230本、現在は約40本)で、ピンク四天王のブームなんかがあったりもしたが、30年間丸ごと末期だったような気がしないでもない。
よく持ちこたえなというのが正直なところで、同時に我ながらよく付き合い続けたなと思ったりもする。

クリックよろしく→人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック