今日のひとこと総集編+映画星取り(19.04)2

今日のひとこと(04.29)
未体験ゾーンの映画たち2019
今年の鑑賞本数は大幅減の10本。当たりは1本。企画者の本気度が2、3年前より確実に低くなっていると思う。

今日のひとこと(04.25)
『クレしん 失われたひろし』鑑賞
しんちゃんの声が代わったの全然気付かなかった。真似しやすい声とはいえ、やっぱ声優ってスゴいな。

今日のひとこと(04.16)
やよい軒
「一部店舗」で「試験的」にご飯食べ放題をやめたことがネット、テレビで結構な話題になっているのに驚く。2、3年前にさくら水産が一部店舗で同じようにご飯食べ放題をやめたときは、全然話題にならなかったのに。

鑑賞映画星取り(☆5つが満点)
『僕たちのラストステージ』(ジョン・S・ベアード)☆☆☆☆
ローレル&ハーディのことは名前ぐらいしか知らず、演じる役者が実物と似ているかどうかさえ判らない。なのでコンビの晩年の姿のみを描いた本作には、全盛期との落差が生み出す悲哀よりも、誠実かつ慎ましやかにどんな舞台でもこなすベテラン芸人の美徳みたいなものが強く感じ取れた。

『魂のゆくえ』(ポール・シュレーダー)☆☆☆
題材が宗教だし、あまり説明しない作風なので、アメリカの抱える様々な闇に主人公の牧師が向き合っているようだが、何を言いたいのかよくわからなかった。
とりあえず思ったのは、融通が利かなすぎる性格って面倒くさいってこと。あとやっぱ健康は大事。身体が弱っているからネガティブ思考が止まらなくなってドツボにはまる。

ラストはハッピーエンドってことでいいんだよね?

イーサン・ホークの自己顕示欲のない演技は良かった。

『荒野にて』(アンドリュー・ヘイ)☆☆☆
あまりカメラが人物に寄らないせいもあって、最初のうちは主人公の少年が何を考えているのか伝わってこなかったが、馬を連れての旅の苦難が増すに従って感情移入できるようになる。

もし馬が死んでくれなかったら、目指す叔母の許へ辿り着くことができなかったかもと思うと、ちょっと複雑な気分。

『Z Bull ゼット・ブル』(リン・オーディング)☆☆☆
未体験ゾーンの映画たち2019」9本目。
軍需企業のオフィスビル内のみで繰り広げられるサバイバル劇は、低予算の割には頑張っていて、銃も地雷も戦闘ロボも出てきて賑やかなのだが、オフィスのリアリティが足りないが残念。

『ANON アノン』(アンドリュー・ニコル)☆☆★
未体験ゾーンの映画たち2019」10本目。
『ガタカ』の監督らしいひんやりしたタッチで、近未来フィルムノワールをやろうとしているのは悪くないんだが、話がつまらない。2、30年は古い。
謎の女は万能すぎるし、厳しい管理社会はあちこち穴が多すぎる。

『愛がなんだ』(今泉力哉)☆☆☆☆
正直、主人公の思考にしろ行動にしろこちらの理解の範疇を超えているのだが、それでも案外嫌いになれないのは、惚れた男に対する一途さが病的にならず、奇妙ではあっても日常の空気感みたいなものが常に画面に残っているから。自然な会話も心地良く耳に残る。
江口のりこのガサツ女っぷりがユーモラスで、いい具合に映画の湿度を下げている。

『波乗りオフィスへようこそ』(明石知幸)☆☆☆
序盤は求人情報誌のCMのロングバージョンでも見せられているような感じで、早々と駄作決定かと思いきや、主人公の経営する会社が移転先の徳島で活動を始めてからは、しっかりと地方移転の苦労や意義が描き込まれていて見応えが出た。

主人公を演じる関口知宏は華のない昭和の熱血顔で主役タイプとは程遠いのだが、案外作風にマッチしていて好感を抱かせる。映画に成功者の自慢話的ないやらしさがないのは彼のおかげかも。

『多十郎殉愛記』(中島貞夫)☆☆☆★
時代劇が解ってる人が撮っているからか、小さい作品なのに重厚さがある。構図やカメラの横移動、高良健吾の剣の構えとかのキマり具合にシビれる。音楽もカッコイイ。
ただ、それゆえに堅苦しさもところどころに感じてしまうし、無駄を省きすぎたせいか食い足りない。伝統を残すことばかりに気を取られて、今の時代の映画にすることにまでは気が回らなかったか。

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし』(橋本昌和)☆☆☆
マッドマックス風のアクションとか岡本太郎風の仮面とか画的には面白いけど、話がいつも以上に雑な気がした。原住民とか巨大コアラについてもう少し説明があってもいいんじゃないだろうか。
春日部としんちゃんの園児仲間がほとんど出てこないのはさみしい。

SOS北極・・・ 赤いテント』(ミハイル・カラトーゾフ)☆☆☆
半世紀近く前のソ連の大作とあってかなりスローなテンポに加え、酷い状態の上映フィルム、白い氷原と重なって読みづらい字幕と悪条件が重なって観るのがキツい。上映されたのは150分のソ連国内版だが、120分の国際版の方で観たかった(音楽はモリコーネだし)。

クリックよろしく→人気blogランキング

"今日のひとこと総集編+映画星取り(19.04)2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント