今日のひとこと総集編+映画星取り(18.10)1

今日のひとこと(10.12) サンクス コンビニの方ね。2、3ヶ月前に生活圏にある最後の一店がファミマになってからまったく見かけていないので、気になってどのくらい残っているか調べてみたら、23区内ではあと2店(台東区、大田区)のみ。多分年内にはなくなると思うので、自転車で行ける台東区の方に行ってみようかな。 今日のひとこと(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.09)2

今日のひとこと(09.23) スポーツ新聞 福浦2000本安打がまさかの一面。しかも3紙も。保存用に久々(多分1年ぶりぐらい)に購入。 鑑賞映画星取り(☆5つが満点) 『ヒトラーと戦った22日間』(コンスタンチン・ハベンスキー)☆☆★ 近年ナチスものはヨーロッパ全体で流行ってるのか、様々な国から登場するが、本作はロシア産。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.09)1

今日のひとこと(09.14) コーヒーカレーパン 例によって売れ残りを半額で購入。具材のカレーにはコーヒー感はないけど、パンには微かに苦みがあって、これがカレーと意外にマッチする。袋を開けたときのコーヒーの香ばしい匂いも悪くない。 今日のひとこと(09.07) 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』鑑賞 主人公たちのライバルグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018日本映画ベストテン

ベストテン 1.『犬猿』(吉田恵輔) 2.『来る』(中島哲也) 3.『モリのいる場所』(沖田修一) 4.『万引き家族』(是枝裕和) 5.『カメラを止めるな!』(上田慎一郎) 6.『止められるか、俺たちを』(白石和彌) 7.『いぬやしき』(佐藤信介) 8.『孤狼の血』(白石和彌) 9.『ギャングース』(入江悠) 10.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018外国映画ベストテン

ベストテン 1.『パディントン2』(ポール・キング) 2.『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(アシュリング・ウォルシュ) 3.『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(ジェイク・カスダン) 4.『タクシー運転手 約束は海を越えて』(チャン・フン) 5.『30年後の同窓会』(リチャード・リンクレイター) 6.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.08)2

今日のひとこと(08.28) ウワサ 「ちびまる子ちゃん」で思い出したんだけど、無名時代(80年代前半?)のTARAKOがピンク映画、それも東活のアテレコをやったことがあるって話を20年ぐらい前に聞いたことがある。本当なんだろか。 今日のひとこと(08.27) さくらももこ死去 「ちびまる子ちゃん」はもちろん好きだが、一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.08)1

今日のひとこと(08.06) 高校野球 第100回、あるいは平成最後の大会であることばかりがクローズアップされるけど、20世紀生まれが出場する最後の大会でもあるんだよね。 今日のひとこと(08.02) ぬか喜び 一昨日の週間天気予報だと日曜の予想最高気温は29℃。それが昨日には32℃になり、今日は35℃になっていた。もう最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.07)2

今日のひとこと(07.20) たまご 前にも書いたかもだが、スーパーの98円セールとかで「○○円以上お買い上げの方に限り」とあるのは抱き合わせ商法にならんのか? 鑑賞映画星取り(☆5つが満点) 『インサイド』(ミゲル・アンヘル・ビバス)☆☆ 難聴の妊婦が自宅内で謎の中年女に襲われる話だが、中年女の正体を含め少しも意外性はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.07)1

今日のひとこと(07.03) サッカー この負け方はどう考えても因果応報。 鑑賞映画星取り(☆5つが満点) 『女と男の観覧車』(ウディ・アレン)☆☆☆★ ロマンチックな恋愛劇を想像させるタイトルとは大違い、人の愚かさや醜さをえぐり出すような、近年のアレン映画としては『ブルー・ジャスミン』と同系統のヒリヒリ映画だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.06)2

今日のひとこと(06.20) キネ旬 ずっと気になってたんだけど、REVIEW(星取)で長いこと(少なくとも今年に入ってから)邦画アニメを取り上げないのは何故なんだろう? 鑑賞映画星取り(☆5つが満点) 『レディ・バード』(グレタ・ガーウィグ)☆☆☆☆ 最初のうちはあまり説明しない演出にややとっつきにくさを覚えたが、主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.06)1

今日のひとこと(06.09) ジェット・リー ちょっと前に、病気のせいで老け込んでかつての面影がまったくなくなった、みたいな記事を読んだのを思い出し、実際どんなもんだろうと画像を探して見つけたのが「こちら」 ピンク大賞の司会の人じゃん 今日のひとこと(06.01) 『デッドプール2』鑑賞 序盤に出てきた『愛のイエントル』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.05)2

今日のひとこと(05.27) 渋谷シネパレス 本日で閉館。すぐにシネクイントとして再オープンするらしいが、ここの劇場は場内、ロビー共に内装デザインがすごく良かったので、できるだけイジらないでほしい。 あと今気づいたのだが、ここって(すくなくとも都内では)一番新しい2階席のある映画館じゃね? 今日のひとこと(05.26) ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.05)1

今日のひとこと(05.05) 井上堯之死去 世間的にはGSや歌謡曲、そして「太陽にほえろ」の人だが、自分にとっては絶対的に映画音楽の人。『太陽を盗んだ男』や『遠雷』で日本映画にも美しくて洗練された劇伴があることを知った。 今日のひとこと(05.03) カレーパンサンド フジパンの新商品。その名の通りカレーパンを食パンではさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.04)2

今日のひとこと(04.24) はなまるうどん 都心部の店舗はOL客が目立つのだが、こいつら混雑もお構いなしに食後にスマホいじりすぎ。喫茶店と勘違いしてんのか?てめえの目の前にあるのはカフェオレ・ボウルじゃなくてドンブリだ、気付け! 今日のひとこと(04.20) 『ダンガル』鑑賞・その2 終盤で流れるインド国歌、聞き覚えがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.04)1

今日のひとこと(04.14) 試写で『レディ・プレイヤー1』 スピルバーグ作品でエンドクレジットに歌が流れるって珍しい。ひょっとして初めて? 今日のひとこと(04.13) 『地下鉄連続レイプ』鑑賞 大杉漣の追悼上映だったが、同時にジミー土田のそれにもなってしまった。この頃、大杉は30代半ば、ジミーは20代後半で当然若い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.03)2

今日のひとこと(03.21) 『さらば映画の友よ』鑑賞 上映機会が少ないせいかフィルムにキズやコマ飛びはほとんどない。でも退色だけは酷くて、途中から、ひょっとしてこれはこういう画調の映画なのか?と思い始める。ノスタルジーをかきたてる効果があると言えなくもないし。 鑑賞映画星取り(☆5つが満点) 『ラッキー』(ジョン・キャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.03)1

今日のひとこと(03.09) 某映画館 別に気にするほどのことでもない些細な映写トラブルのお詫びで招待券を貰う。ありがたいけど、すぐネット上で文句を言う奴への対策だと思うと、世の中間違ってるよなあと複雑な気分。 今日のひとこと(03.01) 週刊新潮 ・・・とピンク映画で思い出すのは、30数年前に載った、エロ目当ての客たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(18.02)2

今日のひとこと(02.28) 『再会の浜辺 後悔と寝た女』鑑賞 エンドクレジットのローマ字表記で気付いたんだけど、森羅万象って森羅が姓で万象(まんぞう)が名じゃなくて、森羅万象でひとつの名前という樹木希林と同じタイプなんだ? 今日のひとこと(02.27) 『マンハント』鑑賞 ジョン・ウーのデブな娘が、時々亜湖に似てて、不覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018上半期ベスト&ワースト(外国映画)

ベストテン 1.『パディントン2』(ポール・キング) 2.『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(アシュリング・ウォルシュ) 3.『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(ジェイク・カスダン) 4.『タクシー運転手 約束は海を越えて』(チャン・フン) 5.『30年後の同窓会』(リチャード・リンクレイター) 6.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018上半期ベスト&ワースト(日本映画)

ベストテン 1.『犬猿』(吉田恵輔) 2.『モリのいる場所』(沖田修一) 3.『万引き家族』(是枝裕和) 4.『いぬやしき』(佐藤信介) 5.『孤狼の血』(白石和彌) 6.『焼肉ドラゴン』(鄭義信) 7.『嘘八百』(武正晴) 8.『羊の木』(吉田大八) 9.『』() 10.『』() 例によって10本選べず。 年間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more