テーマ:写真

今日のひとこと総集編+映画星取り(19.02)1

今日のひとこと(02.08)修正液こんな記事を見つけたんだけど、同じのがウチにもある。2つ前のバイト先からくすねたやつだから、最低でも20年は経ってるはず。 今日のひとこと(02.06)豚コレラ昔は「ブタコレラ」だったのに、いつから「トンコレラ」になったんだろ?関係ないけど、「豚丼」は吉野家では「ブタドン」、すき家では「トンドン」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(19.01)2

今日のひとこと(01.31)TOHOシネマズ日本橋劇場に不具合があったらしく、先週末から全館営業停止中。午前10時の映画祭『チャンス』を観られず。 今日のひとこと(01.30)高島平東京生活36年目にして初めて訪れ、前々から興味があった高島平団地を2時間かけて見て回る。想像していた以上に棟と棟の間隔が広くて解放感がある。23区内の住宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(17.09)1

今日のひとこと(09.13) その後 所用で一昨日は大森、今日は上板橋に行ったので、大森にっかつと上板東映のあった場所が今どうなっているかを見に行く。 ・大森にっかつ跡1 飲食店とカプセルホテルになっていた。 ・大森にっかつ跡2 カプセルホテルの店名は「みづほ」。「大森にっかつ」と同じビル内にあった洋ピン専門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のひとこと総集編+映画星取り(13.10)2

今日のひとこと(10.31) 『ピンクのカーテン2』鑑賞@新橋ロマン 出演者クレジットにふせえり(布施絵里)の名が。多分、美保純の同僚の美容師がそうだと思う。 今日のひとこと(10.30) 『恐怖ノ黒洋館』鑑賞 チケット売り場でタイトルを告げた時に気付いたのだが、「黒」を頭に付けると「洋館」の発音は和菓子の方と同じになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引っ越し準備が進まない

本格的に作業を始めたのが、引っ越し屋からダンボールが届いた10月アタマ。 「まだ引っ越しまで3週間もあるから楽勝だろ」のはずが、「メンドくせー」「かったりー」で家に帰るのがイヤになり、現実逃避でついつい映画館へ。普段はなんだかんだで行きそびれて悔しい思いをするフィルムセンターの特集上映も、今回のオーストラリア映画祭(ダンボール到着と同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草東宝・その1

半年も前に書くって言っていたのに今日まで延び延びになってしまったのは、単に忘れていたから、ということではなく、ご存知のように劇場が今年1月をもって閉館したこともあり、最後のオールナイトあるいは閉館日の様子を含め、浅草東宝への想い、思い出を綴った文章をネット上で数多く目にしたこともあって、自分の書くことが無くなっちゃったからというのが理由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(9) 六区映画街3

最後は、この日(と言っても10月20日、11月中にはここまで辿り着く予定だったんだけど)映画を観た浅草新劇場。 写真右手奥はパチンコ屋で、ここはかつて浅草東映があった場所。 観た映画はコレ。 上の惹句が昭和っぽくってイイ感じ。 渡哲也や欽ちゃんを「往年」扱いしちゃうのは問題だけど。 この惹句は時々変わってるけど、多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(8) 六区映画街2

続いて浅草中映と浅草名画座。 浅草中映は洋画2本立て。 上映作品はアクション、サスペンス、ホラーがほとんど。新橋文化と丸かぶりなので、入場料金が高い(新橋600円、浅草1000円)こちらにはあまり来ることがない。ただ新橋より先に作品が下りてくるので、どうしても見ておきたい作品の場合は、万が一新橋で上映されない時のことを考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(7) 六区映画街1

六区映画街、現在の名称は六区ブロードウェイだそうだけど、これっていつから?この名称って浸透してる? 現在ここに残っている映画館は6館。少なくはないけど、「映画街」を名乗るのはもう無理か。私が浅草の劇場に頻繁に通うようになった昭和末期にはたしか10館だった。年明け早々には浅草東宝が閉館するから、20年ほどで半数になってしまうわけだ。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Road to 浅草(6) 浅草ところどころ

ようやく浅草に到着。 目指す六区映画街に行く前に、その周辺で気になったものをいくつか。 まずはここ。 浅草寺の裏手、言問通り沿いに建つ「雷5656会館」。 いかにも地方からの観光客相手って感じで、しょっちゅう浅香光代の公演やってます。 こういうところには東京人が知らない東京名物や土産物が売られていそうで、いちど中を覗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(5) 続・浅草ゾンビ

荒川区から撮った墨田区と台東区 写真は白鬚橋から浅草方面を撮ったもの。 ここまでで全行程の3分の2ぐらい。 足立区、葛飾区、墨田区と来て、この橋を渡れば台東区。 と思ったが、地図を見るとちょっと違うようだ。 まず、橋の半分までは墨田区、これはわかる。で残りの半分は台東区ではなく荒川区。橋を含めて、この通り(明治通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(4) 備えあれば憂いなし

  墨堤通り沿い西側に建てられた10棟ほどのマンション。端から端までは1キロぐらい。 一見すると普通のマンション群なんだけど、すべての棟が繋がっていて、厳密にはひとつの建物。 で、棟と棟の連結部はこんな感じになってます。   大層に門の名前まで付けられていて、一体何のためにこんな作りにしたのかと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Road to 浅草(3) 昭和の塀と鐘ヶ淵

  どうということもない写真。 何を見せたいかというと、塀です。 全長50メートルぐらいの古いコンクリート塀なんだけど、傷み具合、汚れ具合が半端じゃなく、人通りがほとんどない場所とはいえ、災害時の危険も考えず、これだけ古く、長い塀が取り壊されず残っているなんて奇跡的でさえある。荒川区の安全管理の杜撰さに拍手。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(2) 荒川トライアングル

堀切菖蒲園駅から西へ少し行くと、荒川、綾瀬川に架かる堀切橋。全長は4、500メートルはありそう。 もう10年ぐらい前、ここで強い風に煽られバランスを崩し、欄干に手をつこうとしたところ、先刻までの雨で濡れていたためズルッと滑り肋骨を痛打するという間抜けな目に遭い、以来、極度の高所恐怖症ということもあってこの橋はチョイ苦手。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Road to 浅草(1) 庶民の味方

10月20日(木)、久々の快晴、仕事は休み。 ということで、朝から自転車で浅草へ。 もちろん、例によって映画を観に行くのが目的だったんだけど、デジカメ持参で前々から気になっていた、あるいは気に入っていた風景を収めてきたんで、少しずつ公開していこうかと。 最初にぶっちゃけちゃうと、タイトルは「浅草への道」だけど、往きはあんまり時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more