To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 大蔵貢

<<   作成日時 : 2004/07/02 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、実家にちょっと帰って、古い雑誌を処分するものと残すものに選別してたときのこと。
こういうときの常で、パラパラとページをめくるつもりが気が付いてみると隅々まで目を通してたりするわけなのだが、ひとつ驚くべき話を見つけた。
それは丹波哲郎の談話をまとめたエッセイ風の昔話みたいなもので、当然、新東宝時代の話も出てきて、大蔵貢についても触れられている。その中で丹波は
「(大蔵貢が)日本で一番最初にソープランド(トルコ風呂)を作った」と言っているのだ。
これってホント?
丹波によると、そのソープは映画館と同じ建物の別階に作られたそうだが、それ以外のことは語られていない。
ネットで調べてみると、昭和26年に銀座にオープンした「東京温泉」という店が最初のソープランドという記述を見つけた(赤線廃止より早いというのが意外)。この「東京温泉」の経営者が大蔵なのであろうか?それとも、はっきりしたソープランドの起源は不明で、諸説ある中に「大蔵発明説」があるのだろうか?はたまた丹波哲郎がテキトーなことを言っただけなのか(これの可能性が一番高いような気がする。なんたって丹波だし)?
どなたか真相をご存知の方がいましたら是非教えてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あのですね。
私も詳しい事は知らないんだが、初期の「トルコ風呂」は売春をする場所ではなく「スチームサウナと女性インストラクターによるマッサージ」等を行う設備だったと思うのね。(大映の「犬」シリーズでそういう描写見た記憶がある)
だから、その元祖が大蔵貢だったとしても不思議はないですな。赤線とは競り合う事のない、サービス業だったんだから。
「トルコ風呂」が性交を前提とする場となったのは、もう少し後の事でしょう。(これはこれで、ちゃんと調べてみたい)
そりゃそうとキルゴア元気か?お互い成人病には気をつけようぜ、そんなお年になっちゃったね。
樫原辰郎
2004/07/13 02:29
「犬」シリーズは私も観た記憶があるぞ。金属製の箱の中に座って首から上だけ出してるやつだよね。
しかし大監督は物知りだね。普段はただの酔っ払いなのに。
さすがは「羊の皮をかぶった狼」ならぬ、「バカボンパパの皮をかぶったハジメちゃん」と呼ばれるだけのことはあるわ。
成人病はねえ。酒、煙草をやらないから血圧とか血糖値は大丈夫なんだけど中性脂肪、コレステロール値がヤバイ。痩せさえすれば、かなりの健康体なんだけどね。
キルゴア二等兵
2004/07/13 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
大蔵貢 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる