To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スパイダーマン2』

<<   作成日時 : 2004/09/24 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

スパイダーマンが活躍するヒーロー活劇というより、悩める青年ピーター・パーカーの人間ドラマとして面白かった。
最初のうちはヒーローもののパロディみたいな感じで気楽に笑って見ていられるのだが、少しずつ深刻さを増していき、スパイダーマンとして悪と戦い、人々を救っている時でさえ、マスクの下で苦悩するピーターの素顔が思い浮かび切ない気持ちになる。そういう意味では敵怪人ドック・オクとの対決以上に、暴走する地下鉄を文字通り体を張って制止しようとする場面こそ最大の見せ場と言える。ピーターが全てを吹っ切りスパイダーマンとして市民のために命を捧げる覚悟を決めた瞬間として、今後も続くであろうシリーズの中でも屈指の名場面として残ることと思う。
ただ残念なのは、あんな力ずくで止めようとしなくとも、乗客を2両目以降に移動させ先頭車両を切り離せば危機は回避できるということに、ピーターも乗客も(あるいは監督も脚本家も)気付かなかったことだが、まあそこは目をつぶることにしよう。
☆☆☆☆
ホントは4つ半にしたいところだが、ヒロインMJの身勝手で非常識な振る舞い(特にラストの)がムカついたので星半分減点。今回は今後怪人になりそうなキャラが3人登場したが、彼らよりMJの方が100万倍退治されて欲しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>ただ残念なのは、あんな力ずくで止めようとしなくとも、乗客を2両目以降に>移動させ先頭車両を切り離せば危機は回避できるということに、ピーターも乗>客も(あるいは監督も脚本家も)気付かなかったことだが、まあそこは目をつ>ぶることにしよう。

通りすがりです。上記のコメントは地下鉄では成り立ちません。各車両にモーターが付いている車両では、先頭車両を切り離しても、止まりません。
先頭車両を切り話して止まるのは、機関車で牽引している場合のみです。
TOM
2004/10/02 11:19
(以下、今後公開される映画のネタバレあり)








あはは、そうなんですか。
私がそう思ったのは、以前観た『TUBE』という韓国映画で、地下鉄の先頭車両を切り離すことによって2両目以降の障害物への衝突を回避するという場面があったからなんです。
国によって地下鉄の駆動方法も違うんですね(それとも『TUBE』がウソをついてた?)。
今回は勘違いではなく単なる私の無知なので、本文はあえて訂正、削除せずに恥を晒しておきます。
ご教示ありがとうございました。
キルゴア二等兵
2004/10/02 16:14
『TUBE』が嘘をついてますね。たぶん。写真しか見ませんでしたが、日本の地下鉄や電車と同じ構造ですから、全車両の非常ブレーキが利かなくなっていれば、止まりません。
TOM
2004/10/02 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スパイダーマン2』 To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる