To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬー

<<   作成日時 : 2005/06/05 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前々から噂にはなっていたスタローンの『ランボー4』にようやくゴーサインが出たらしい。
『ランボー』一作目をベトナム戦争(帰還兵)映画の最高作とする私にとっては、スタももう過激なアクションは無理だろうから、原点回帰したドラマ性の強い物語になるのではと期待したいところだが・・・。

製作がヌー。

ヌーとは沖縄の方言で「何?」のヌーではもちろんなく、「ヌー・イメージ(NU IMAGES)」というハリウッドの映画製作会社のこと。
一体どんな会社かというと、低予算で巨大化したタコやらクモが暴れる映画とか、ヴァン・ダムやらセガールやらスナイプスが暴れる映画を作って、世界中の銀座シネパトスやテレビ東京を相手に商売をしている会社です。(一部推定)
はっきり言っちゃうと「モンスター映画の怪獣墓場」「アクションスターの姥捨山」みたいなとこ。
そのヌーがランボーシリーズの映画化権をミラマックス(なんでココが持っていたのかもよくわからん)から買い取り、即制作となった次第。
何をいまさらって感じの『ランボー』とはいえ、映画化権はそう安いものでもないだろうから、ヌーが21世紀のカロルコを目指し社運を賭けた大勝負に出た!、ってことだといいんだけど、まあその可能性は極めて低く、スタローンとランボーの価値も落ちるところまで落ちたとみるのがやはり妥当なんでしょうかね。

「おまけ」
今後ヌー作品出演が予想される方々(可能性の高い順):ザ・ロック、チョウ・ユンファ、ヴァル・キルマー、アイス・キューブ、ブレンダン・フレイザー、ヴィン・ディーゼル
微妙:ブルース・ウィリス
番外:巨大ゴリラ(来年公開の某大作映画の便乗で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ミラマックスが地味に抑えていた事実が笑えますな。

ちなみに、日テレ深夜のふせえりと同一人物のはずですよ。
小倉アナのときのあの3人のやり取りは一番面白い深夜番組でしたね。
ペペロンチーヌ
2005/06/06 23:25
あ、やっぱ同一人物でいいんだ。
私も95%ぐらいは間違いないと思ってたんだけど。
後松一枝は検索しても数件しか引っかからないんだよね。
何でだろ?あんなに面白いのに。
キルゴア二等兵
2005/06/07 23:04
ここ最近はキルゴアさんの映画の感想が見られないのがちょっと残念です。
6月過ぎたら上半期のベストとワーストはやって欲しいです。
S
2005/06/12 14:35
ご期待にそえなくて申し訳ない。
なんか、ここんとこ映画について語りたいって気持ちがちょっと薄れ気味です。単にナマケモノなだけっていうのもあるんですが。
上半期ベストぐらいは7月中旬あたりになんとかと思ってるんですが。
キルゴア二等兵
2005/06/12 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぬー To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる