To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 武蔵の遺したもの

<<   作成日時 : 2005/11/23 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットに書かれた先日のK−1に関する意見をいろいろ読む。

優勝したセーム・シュルトの驚異的な強さについて書かれたものが多いのは当然として、それと同等に話題になっているのが武蔵のKO負け。しかも、多くの意見がその結果を大歓迎、対戦相手のグラウベ・フェイトーザにはシュルト以上の賛辞が寄せられいるんじゃないかと思うほどだ。ターザン山本なんかは「ざまあみろ」とまで言い放っている。←コチラ

結局、マスコミが武蔵優勝をどれだけ煽っても、そんなものに乗せられるのは、日本(人)なら無条件に応援する底の浅いファンだけなのだ。
そして今回の武蔵敗戦に対するネット上の反応は、K−1ファンには、サッカーやバレーボールや柔道を見る人(あえてファンとは言わない)に比べて、そういう頭の悪い人の数が圧倒的に少ないことを証明したというワケだ。
K−1ファイター武蔵が遺した、一番価値のあるものはそこかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武蔵の遺したもの To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる