To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005日本映画ベスト&ワーストテン

<<   作成日時 : 2006/02/06 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ベストテン
1.サマー・タイムマシン・ブルース(本広克行)
2.パッチギ!(井筒和幸)
3.イン・ザ・プール(三木聡)
4.ALWAYS 三丁目の夕日(山崎貴)
5.交渉人真下正義(本広克行)
6.運命じゃない人(内田けんじ)
7.奇談(小松隆志)
8.魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE(山口雄大)
9.男たちの大和 YAMATO(佐藤純彌)
10.ピンクリボン(藤井謙二郎)
次点.電車男(村上正典)、亀は意外と速く泳ぐ(三木聡)

全体的なレベルは高くはなかったが、コメディーだけはここ20年ぐらいの中で最も豊作だった。
次点も含めた12本のうちコメディーが5本。そのどれもが若い監督によるものであり、笑いの質が旧来の国産喜劇に比べて乾いているところに今後の可能性を感じさせてくれる。また、コメディーではなくとも『パッチギ』『三丁目』『真下』『電車男』の豊饒も「笑い」があったからこそだ。

ワーストテン
1.東京タワー(源孝志)
2.着信アリ2(塚本連平)
3.ブラック・ジャック ふたりの黒い医者(手塚眞)
4.ハードレズビアン クイック&ディープ(佐藤吏)
5.この胸いっぱいの愛を(塩田明彦)
6.リンダ リンダ リンダ(山下敦弘)
7.容疑者 室井慎次(君塚良一)
8.四日間の奇蹟(佐々部清)
9.花と蛇2(石井隆)
10.鉄人28号(富樫森)
次点.乱歩地獄(実相寺昭雄ほか)、姑獲鳥の夏(実相寺昭雄)

新作日本映画鑑賞本数:111本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2005年公開映画マイベスト
12月31日現在の暫定マイベストはこんな感じ。 ...続きを見る
NUMB
2006/02/23 04:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
確かに最近の邦画はコメディータッチの方が良作が多いですね。
サマータイム・マシン・ブルースとイン・ザ・プールは緩さが心地良かった作品でした。TBさせて頂きました、またお邪魔します。
lin
URL
2006/02/23 04:18
lin様
どうも、ようこそお出でくださいました。
そちらのブログも拝見させていただきました。
あれだけの内容、分量を、日記を書くようなペースで更新する知力、体力には恐れ入ります。
今後もよろしく。
キルゴア二等兵
2006/02/23 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2005日本映画ベスト&ワーストテン To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる