To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツ映画ベストテンに参加します

<<   作成日時 : 2011/11/09 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

ブログ「男の魂に火をつけろ!」で募集中のスポーツ映画ベストテンに参加します。

1.『世界最速のインディアン』(ロジャー・ドナルドソン) モータースポーツ
2.『若い獣』(石原慎太郎) ボクシング
3.『サンドロット 僕らがいた夏』(デヴィッド・ミッキー・エヴァンス) 野球
4.『王者のためのアリア』(フィリップ・バヨン) プロレス
5.『男と女』(クロード・ルルーシュ) モータースポーツ
6.『やぶれかぶれ一発勝負』(サヴェージ・スティーブ・ホランド) スキー
7.『夏時間の大人たち』(中島哲也) 鉄棒
8.『ガタカ』(アンドリュー・ニコル) 水泳
9.『レイプマニア 密猟(あさる)』(北沢幸雄) スカッシュ
10.『処女のはらわた』(小水ガイラ) やり投げ

「スポーツ映画」というより「スポーツが印象的な映画」って感じで選びました。その方がムチャクチャになって選ぶ方としては楽しめるので。

とは言え、全部それではさすがに失礼かと思い洋邦一本ずつは真っ当なものを。ってことで第1位に洋画代表『世界最速のインディアン』。『勝利への旅立ち』(デビッド・アンスポー) バスケットボール、とどちらにするか悩んでの選出。

邦画代表は『若い獣』。ボクシングの非情さを、それこそが魅力と言い切る、実に慎太郎らしい挑発的な作品。『キッズ・リターン』(北野武) ボクシング、『鉄拳』(阪本順治) プロレス風ボクシング、『ダイナマイトどんどん』(岡本喜八) 野球、あたりも浮かびました。

3、4位もまあ当り前かな。
『サンドロット』は自分的には隠し球の一本で、他にこれを選ぶ者はいないだろうと思ってたのですが、「Welcome to Greenwood2」さんが既に選んでいて、しかも一位なもんで、なんだかすごく敗北感。でもタイトルを微妙に間違えてるんで、「俺のほうが愛情は深いぜ」と勝手に思い込んだり。

プロレス映画もファンとしては選ばないわけにはいかないであれこれ考えました。真っ先に浮かんだのはもちろん『レスラー』(ダレン・アレノフスキー)ですが、プロレスを「スポーツ」としてより「ショー」と捉えているので除外。『王者のためのアリア』は20世紀前半に実在したプロレスラーの伝記映画。バックにオペラとか流れて格調高いです。他には『あゝ!一軒家プロレス』(久保直樹)、『ゼイリブ』(ジョン・カーペンター)。

『男と女』は、フランシス・レイの流麗なメロディーをバックに疾走するフォード・マスタングとフォードGT40がとにかくカッコイイ。
モータースポーツ好きの役者と言えばポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンが有名だが、ジャン・ルイ・トランティニャンもそのひとりで、若い頃はレーサーと俳優どちらに進むか迷ったらしく、俳優を選んだのは「レーサーはすでに親戚にいたから」らしいです。劇中ではテスト走行や砂浜でのスピンターンは本人がやってたのでは。
ちなみに親戚のレーサーとは叔父のモーリス・トランティニャンで、元F1ドライバーにしてル・マン24時間レースの優勝者。

6位以下はジョークと受け取ってくれても全然構いません。てゆーかマジメに受け取られても困ります。でも、どれもスポーツ場面が印象的なことは間違いないかと。

『やぶれかぶれ一発勝負』はボンクラ高校生が女子にモテるためにスキーを頑張り、『夏時間の大人たち』はボンクラ小学生が、大人になったら青田典子みたいな巨乳と付き合いたくて逆上がりを頑張る。そんな、男なら誰でも思い当たるフシのある愛しい小品。

下位2本はピンク、ロマンポルノへの思い入れ故に、やや強引に選びました。最初は『狂った果実』(根岸吉太郎)を益富信孝の元ムエタイ選手の見事なハマりぶりで選んだのですが、戦いはケンカのみなので、これは少々無理があるかと思い断念。『宇能鴻一郎の濡れて打つ』(金子修介) テニス、『はみ出しスクール水着』(滝田洋二郎) シンクロ、ではありがちだしってことで、やり投げホラーを投げやりに選出。『レイプマニア 密猟(あさる)』は満たされぬ心を埋めるかのようにレイプとスワッピングとスカッシュ興じる30男二人組を描いた、80年代的な虚無を感じさせる一本。

スポーツ用品(バット、ゴルフクラブ等)で撲殺する映画も一本ぐらい入れたかったのだが、いいのが思い浮かばなかったです。
ひとつ憎まれ口を叩かせてもらえば、『イングロリアス・バスターズ』のイーライ・ロスなんて『アンタッチャブル』のデニーロに較べれば全然でしょ。
あと、選ぶ気はなかったけど、『処女のはらわた』のガイラ監督作で、ヒロインがヤクザや高利貸しを金属バットで撲殺する瞬間に「ご〜〜〜ん」と寺の鐘を突く音が被さるのがあったのを思い出したのだが、調べてもタイトルがわからず、ここ数日モヤモヤした気分です。知っている方がいましたら教えてください。

最後に、集計する方に余計な手間だけかけさせる、意味の無い、嫌がらせみたいなテンになってしまったことをお詫びします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世界最速の車が時速400キロで疾走
世界最速の車が時速400キロで疾走最高速のギネス記録を持つケーニグセグの「アゲーラR」が疾走する姿を撮影。1:40ごろからの映像では、時速400キロ超でかっ飛ばす、弾丸のような車が見られます。 ...続きを見る
映像トピックス【バックナンバー】
2012/04/14 18:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ご参加ありがとうございます!
個性的なベストテンで集計しがいがありました!
ワッシュ
URL
2011/11/10 00:22
集計ご苦労様です。
こういうジャンル限定だと、あれこれ考えるのが楽しいですね。
キルゴア二等兵
2011/11/11 00:21
サンドロットは中黒付かないんですね(笑)。野球映画の傑作はたくさんありますが草野球は誰でもやれるので選びました。一番できる選手がバッティングじゃなくて走塁だというのも渋いです。あとダース・ベイダーの声の人。
joshjones
URL
2011/11/18 06:24
コメントありがとうございます。
勝手なことほざいてスイマセン。
少年野球映画は結構あるけど、草野球映画ってこれぐらいじゃないでしょうか。
「サンドロット」は、ガキの野球には綺麗なグラウンドもユニフォームもいらないし、ない方が絶対楽しいです。
キルゴア二等兵
2011/11/19 00:27
そうですね〜。「木更津キャッツアイ」が草野球映画の精神に近い気がしますが、問題なのは大人がやってるってことですね。
joshjones
URL
2011/11/19 02:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スポーツ映画ベストテンに参加します To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる