To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014上半期ベスト&ワースト(外国映画)

<<   作成日時 : 2014/07/05 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.『ラッシュ プライドと友情』(ロン・ハワード)
2.『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(マーティン・スコセッシ)
3.『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(アレキサンダー・ペイン)
4.『MUD マッド』(ジェフ・ニコルズ)
5.『鉄くず拾いの物語』(ダニス・タノヴィッチ)
6.『あなたを抱きしめる日まで』(スティーヴン・フリアーズ)
7.『ダラス・バイヤーズクラブ』(ジャン・マルク・ヴァレ)
8.『世界の果ての通学路』(パスカル・プリッソン)
9.『ワン チャンス』(デヴィッド・フランケル)
10.『8月の家族たち』(ジョン・ウェルズ)
次点.『リベンジ・マッチ』(ピーター・シーガル)、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(ジョエル&イーサン・コーエン)、『とらわれて夏』(ジェイソン・ライトマン)、『ブルー・ジャスミン』(ウディ・アレン)、『7番房の奇跡』(イ・ファンギョン)

『ラッシュ』と『ウルフ』はそれぞれの監督の作品の中で一番好き。と言っても後者に関しては『タクシー・ドライバー』も『レイジング・ブル』も観てないんだけど。
昔は苦手だったウディ・アレンが最近はそうでもなくなった。年のせいか。

ワーストテン
1.『エージェント:ライアン』(ケネス・ブラナー)
2.『ハウンター』(ヴィンチェンゾ・ナタリ)
3.『アメリカン・ハッスル』(デヴィッド・O・ラッセル)
4.『エヴァの告白』(ジェームズ・グレイ)
5.『ポール・ヴァーホーヴェン トリック』(ポール・ヴァーホーヴェン)
6.『ホビット 竜に奪われた王国』(ピーター・ジャクソン)
7.『リディック:ギャラクシー・バトル』(デヴィッド・トゥーヒー)
8.『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』(アンソニー&ジョー・ルッソ)
9.『ウォルト・ディズニーの約束』(ジョン・リー・ハンコック)
10.『スノーピアサー』(ポン・ジュノ)
次点.『トランセンデンス』(ウォーリー・フィスター)、『美しい絵の崩壊』(アンヌ・フォンテーヌ)、『ミスターGO!』(キム・ヨンファ)

昔は好きだったアメコミ、ファンタジー系が最近はそうでもなくなった。年のせいか。

新作鑑賞本数:69本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2014上半期ベスト&ワースト(外国映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる