To Live and Die in Tokyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017上半期ベスト&ワースト(外国映画)

<<   作成日時 : 2017/07/23 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベストテン
1.『LOGAN/ローガン』(ジェームズ・マンゴールド)
2.『キングコング:髑髏島の巨神』(ジョーダン・ヴォート=ロバーツ)
3.『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル)
4.『わたしは、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ)
5.『真夜中のパリでヒャッハー!』(フィリップ・ラショー 、ニコラ・ブナム)
6.『アンダーカバー』(ダニエル・ラグシス)
7.『Viva!公務員』(ジェンナーロ・ヌンツィアンテ)
8.『ノー・エスケープ 自由への国境』(ホナス・キュアロン)
9.『エクストーション』(フィル・ヴォルケン)
10.『マフィアは夏にしか殺らない』(ピエルフランチェスコ・ディリベルト)
次点.『スウィート17モンスター』(ケリー・フレモン・クレイグ)、『ジーサンズ はじめての強盗』(ザック・ブラフ)、『パトリオット・デイ』(ピーター・バーク)

今年は不作かなあとずっと思っていたが、選んでみたら全然そんなことなかった。ただテンの上位に置きたいような作品は無い。

「未体験ゾーンの映画たち」からの3本を始め、ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町公開作が次点を含めた全13本中7本。

ワーストテン
1.『ヒトラー最後の代理人』(エレズ・ペリー)
2.『トッド・ソロンズの子犬物語』(トッド・ソロンズ)
3.『フリー・ファイヤー』(ベン・ウィートリー)
4.『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(ジャド・アパトー)
5.『カフェ・ソサエティ』(ウディ・アレン)
6.『アサシン クリード』(ジャスティン・カーゼル)
7.『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(ゲイリー・ロス)
8.『ジャッキー ファーストレディ最後の使命』(パブロ・ラライン)
9.『20センチュリー・ウーマン』(マイク・ミルズ)
10.『マリアンヌ』(ロバート・ゼメキス)

これまでは「未体験ゾーンの映画たち」の上映作品はいちいち選んでたらテンの半分くらい占めちゃいそうなんで外してたけど、『ヒトラー』は単につまらない上に、娯楽性ゼロのこういうのをセレクトすることへの批判もこめて選出。

新作鑑賞本数:86本

クリックよろしく→人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2017上半期ベスト&ワースト(外国映画) To Live and Die in Tokyo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる